[新製品・サービス]

セキュアブレイン、SaaS型セキュリティサービス「gred セキュリティサービス」を発表

2009年1月20日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セキュアブレインは2009年1月19日、企業向けSaaS型セキュリティサービス「gred(グレッド)セキュリティサービス」の提供を3月6日より開始すると発表した。gredは、「ウェブ解析機能」と「ファイル解析機能」を提供し、「ウェブサイトの安全対策」「マルウェアへの迅速な対応」を可能にする。同製品の運用は、同社と業務提携契約を結んでいる日立情報システムズが担当する。

 セキュアブレインは、企業向けSaaS型セキュリティサービス「gred(グレッド)セキュリティサービス」の提供を発表した。同社は、3年後同製品で2億5000万円の売り上げを目指す。また、2009年1月19日より同製品のトライアル版(無料)の提供を開始した。

 「gredセキュリティサービス」は、「ウェブ解析機能」と「ファイル解析機能」という2つのサービスを提供する。

ウェブ解析機能

  • SQLインジェクション等に起因する、Webサイトの改竄の有無を定期的に確認。これにより、マルウェア、悪意のあるスクリプト、オンライン詐欺サイトの埋め込み等を検知する。
  • ライセンスに応じて1日の解析回数を指定し、定期的にWebサイトを自動で確認する。
  • 問題が検知されると、アラートメールで管理者に通知。
  • サイトの登録だけでサービスの利用が可能。
  • 「gred証明書」の掲載で、顧客やパートナーに安心感を提供。
  • 万が一Webサイトが改竄された場合には、自動的に安全なページへ切り替える。

ファイル解析機能

  • 仮想インターネット環境でファイルを実行し、詳細な解析レポートを数分で生成、「新種のマルウェア」や「標的型攻撃」による被害拡大を防止する。レポート内容 : 解析対象ファイルのスキャン結果・通信を行ったファイルの通信内容と通信先を判断できるイメージ図・解析対象ファイルが表示する画面キャプチャイメージ・解析したファイルがマルウェアか否か・作成/削除するファイルやレジストリ、ネットワーク上での挙動など。
  • 解析したファイルが、マルウェアの場合、駆除ツールを提供。
  • 管理コンソールから過去の解析結果が取得可能。
    ※「ファイル解析機能」の自動解析技術は、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)とセキュアブレインの共同研究により開発された技術である。

 価格は、1日のウェブ解析回数4回の場合(最小設定)で、年額37万8000円(月額3万1500円)。1カ月間に解析可能なファイル数は30種類まで。

セキュアブレイン
http://www.securebrain.co.jp

gred セキュリティサービス
http://www.securebrain.co.jp/products/gred/index.html

関連キーワード

セキュアブレイン / SaaS / マルウェア対策

関連記事

Special

-PR-

セキュアブレイン、SaaS型セキュリティサービス「gred セキュリティサービス」を発表セキュアブレインは2009年1月19日、企業向けSaaS型セキュリティサービス「gred(グレッド)セキュリティサービス」の提供を3月6日より開始すると発表した。gredは、「ウェブ解析機能」と「ファイル解析機能」を提供し、「ウェブサイトの安全対策」「マルウェアへの迅速な対応」を可能にする。同製品の運用は、同社と業務提携契約を結んでいる日立情報システムズが担当する。

PAGE TOP