[新製品・サービス]

NTT Comと米Informaticaが協業、データ統合サービスを2020年1月に開始

2019年10月2日(水)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と米Informaticaは2019年10月1日、企業のデジタルトランス変革(DX)を推進するデータ利活用ビジネスで協業し、2020年1月からデータ統合サービスを開始すると発表した。NTT Comは、NTTデータと連携してサービスを提供していく。

 NTT Comは、オンプレミスシステムのアプリケーションからSaaS、データベースなどを統合できるデータ統合サービスを提供する。ユーザーは、顧客データや販売データ、人事データなど、様々なアプリケーションに分散しているデータを安全に一括管理できるようになる(図1)。

図1:NTTコミュニケーションズ、米Informatica、NTTデータの協業イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ、米Informatica、NTTデータ)図1:NTTコミュニケーションズ、米Informatica、NTTデータの協業イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ、米Informatica、NTTデータ)
拡大画像表示

 データ統合機能として、米Informaticaのクラウド型データ統合サービス「Informatica Intelligent Cloud Services(IICS)」を活用する。「Flexible InterConnect」をはじめとする「Smart Data Platform」の機能と組み合わせることで、各種のアプリケーションやデータストアを統合するデータ統合サービスを提供する。

 NTTデータと連携し、ユーザーの利用環境に応じたサービスを提供する。ユーザーの利用環境に応じてデータ統合システムの導入支援サービスを提供する。導入からデータ連携、データ分析環境までを総合的に支援する。

 なお、米InformaticaのIICSは、iPaaS(Integration Platform as a Service)サービスである。マイクロサービスを活用して構築されており、オンプレミスやマルチクラウド、ハイブリッドクラウドの環境を対象に、各種のデータやアプリケーション、プロセスを連携させることができる。

関連記事

Special

-PR-

NTT Comと米Informaticaが協業、データ統合サービスを2020年1月に開始NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と米Informaticaは2019年10月1日、企業のデジタルトランス変革(DX)を推進するデータ利活用ビジネスで協業し、2020年1月からデータ統合サービスを開始すると発表した。NTT Comは、NTTデータと連携してサービスを提供していく。

PAGE TOP