[事例ニュース]

イオングループ、インメモリDB「SAP HANA」導入で国内小売事業経営管理システムの一部を刷新

2020年4月16日(木)IT Leaders編集部

イオングループのIT機能会社であるイオンアイビスは、イオングループの国内小売事業の経営管理基盤システムの一部を、インメモリー型データベース「SAP HANA」を使って刷新した。SAPジャパンが2020年4月15日に発表した。

 イオンアイビスは、グループの総合スーパー事業や、スーパーマーケット事業、小型店/専門店事業向けに、店舗・商品・物流・会計・給与などを支えるシステムの開発・運用業務を行っている。

 同社は、国内小売事業の経営管理基盤システムの一部に、SAP HANAを導入した。インメモリーDBやクラウドなどのIT技術を活用することで、ニーズの変化に迅速かつ柔軟に対応できるようにした。2017年から運用を開始した。2018年には、対象データの増加にともない、システムを拡張した。

 現在は、全国の約4000店舗から、1時間ごとに売上情報を収集している。蓄積した350億件のデータから、必要な情報を数秒で検索することが可能としている。

関連キーワード

イオンアイビス / SAP HANA / イオン / 小売

関連記事

Special

-PR-

イオングループ、インメモリDB「SAP HANA」導入で国内小売事業経営管理システムの一部を刷新イオングループのIT機能会社であるイオンアイビスは、イオングループの国内小売事業の経営管理基盤システムの一部を、インメモリー型データベース「SAP HANA」を使って刷新した。SAPジャパンが2020年4月15日に発表した。

PAGE TOP