開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

バイタリフィ、AIによる顔認証を実現するソフトウェア開発キットを提供開始

2020年4月22日(水)IT Leaders編集部

ベトナムでのオフショア開発やスマートフォン・Webアプリケーションの企画開発を行うバイタリフィと同社子会社のベトナムVitalify Asiaは2020年4月21日、AIアプリケーション開発サービス「Mobile AI Lab」において、顔認証機能の実装のためのソフトウェア開発キット(SDK)「MAL Face Recognition」を提供開始した。

 MAL Face Recognitionは、画像から顔認証ができるソフトウェア開発キットである。顔画像を登録したあと、再度顔画像を入力した時に、登録済みの顔かどうかを判別できる(画面1)。AIモデルは、最初の登録時も含め、Android/iOSのデバイス上でスタンドアローン型で動作する。

画面1:MAL Face Recognitionを組み込んだアプリ画面の例(出典:バイタリフィ)画面1:MAL Face Recognitionを組み込んだアプリ画面の例(出典:バイタリフィ)
拡大画像表示

 顔認証の精度は、同社の社内テストで94%だったという。アプリケーション内で誤認識時の再認識動作を実装しておくことで、実用上問題のない顔認証精度を確保できるとしている。

 ユーザーのサービスやアプリケーションに組み込み可能なSDKとして提供する。組み込むための開発やカスタマイズにも対応する。無料での試用などの相談も受け付けている。

 アプリケーションの事例として、MAL Face RecognitionのAIモデルを組み込んだ、顔認証による出退勤管理アプリケーション「MAL Time Recorder」をApp Storeで公開している。iPad単体で、利用者の顔登録や、顔認証での出退勤時間の管理、出退勤データ(CSV)の外部システムへの出力が可能だ。

 価格(税別)は、月額300USドル(請求時の為替レートを元に、日本円での支払いも可能)になる。最低契約期間は6カ月間で、デバイスへのインストール数や顔認証数による制限はない。なお、開発期間中は無料。

関連キーワード

バイタリフィ / 顔認識

関連記事

Special

-PR-

バイタリフィ、AIによる顔認証を実現するソフトウェア開発キットを提供開始ベトナムでのオフショア開発やスマートフォン・Webアプリケーションの企画開発を行うバイタリフィと同社子会社のベトナムVitalify Asiaは2020年4月21日、AIアプリケーション開発サービス「Mobile AI Lab」において、顔認証機能の実装のためのソフトウェア開発キット(SDK)「MAL Face Recognition」を提供開始した。

PAGE TOP