[調査・レポート]

2019年の企業情報システム市場は前年比4.4%増の10兆8190億円―IDC Japan調べ

2020年5月14日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2020年5月14日、国内のエンタープライズIT(企業情報システム)市場の予測を発表した。2019年の市場規模は、前年比4.4%増の10兆8190億円となった。2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR)は3.4%で推移し、2024年の市場規模は12兆7665億円になる。

 国内のエンタープライズIT(企業情報システム)市場の予測を発表した。2019年の市場規模は、前年比4.4%増の10兆8190億円となった。2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR)は3.4%で推移し、2024年の市場規模は12兆7665億円になるとIDC Japanは予測している。

 2019年は、2018年に引き続き、企業の好調な業績を背景に、多くの企業において、システム刷新/更新需要やビジネス強化のための新規投資が見られた。また、Windows Server 2008のサポート終了や、消費増税前の駆け込み、元号改正対応、消費税率変更対応などの特需も、市場の成長を促進した。

 現在では、クラウドを優先的に検討する「クラウドファースト」戦略を実行する企業が増えている。また、ホステッドクラウドを提供するため、サービスプロバイダによる積極的な投資が継続している。これらを背景に、市場に占めるクラウド関連の売上額割合は、2023年に50%を超えるとIDC Japanは予測している(図1)。

図1:国内エンタープライズIT市場におけるクラウド関連の売上額予測、2019年~2024年(出典:IDC Japan)図1:国内エンタープライズIT市場におけるクラウド関連の売上額予測、2019年~2024年(出典:IDC Japan)

 2020年の国内エンタープライズIT市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によってIT投資が抑制されるものの、「テレワーク」、「BC/DR(事業継続/災害時復旧)」「デジタルビジネスの強化」、――などの喫緊の課題を解決するために、クラウドを活用した投資が活性化する。また、インターネットを活用したビジネスに関わる支出が拡大し、同市場は前年比0.2%増の10兆8357億円を見込んでいる。

 今回の発表は、IDC Japanが発行した『国内エンタープライズIT市場予測、2020年~2024年』で詳細を報告している。本レポートでは、国内エンタープライズIT市場を「従来型IT」と「クラウド:リプレイスメント/効率化」および「クラウド:DX/データ駆動型ビジネス」に区分し、従来型ITからクラウドへの移行動向や、DXが国内クラウド市場に与える影響を分析し、2020年~2024年の市場予測をまとめている。

関連キーワード

IDC Japan

関連記事

Special

-PR-

2019年の企業情報システム市場は前年比4.4%増の10兆8190億円―IDC Japan調べIDC Japanは2020年5月14日、国内のエンタープライズIT(企業情報システム)市場の予測を発表した。2019年の市場規模は、前年比4.4%増の10兆8190億円となった。2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR)は3.4%で推移し、2024年の市場規模は12兆7665億円になる。

PAGE TOP