[新製品・サービス]

アリババクラウド、RDB「ApsaraDB for PolarDB」を日本リージョンでも提供開始

2020年5月20日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アリババクラウド・ジャパンサービスは2020年5月20日、パブリッククラウド「Alibaba Cloud」で利用できるリレーショナルデータベースの1つ「ApsaraDB for PolarDB」が日本リージョンでも利用できるようになったと発表した。これにより、ミッションクリティカルな業務システムなどもAlibaba Cloud上で利用しやすくなった。2020年4月30日から利用できる。

 ApsaraDB for PolarDBは、パブリッククラウド「Alibaba Cloud」で利用できるリレーショナルデータベースの1つである(図1)。これまで海外リージョンで提供していたが、2020年4月30日から日本リージョンでも提供を開始した。日本リージョンを選べるようになったことで、業務システムを稼働させやすくなった。

図1:ApsaraDB for PolarDBの概要(出典:アリババクラウド・ジャパンサービス)図1:ApsaraDB for PolarDBの概要(出典:アリババクラウド・ジャパンサービス)
拡大画像表示

 特徴として、RDMAを介したデータアクセスができるなど、アーキテクチャからくる性能の高さをうたっている。オンライントランザクション性能は、MySQLとの比較では約6倍高速としている。また、他社の同種のデータベースサービスと比べて約2倍高速としている。

 ストレージ容量は最大で100TB。スケールアウト時に最大で16ノードの構成がとれる。コンテナ技術や共有・分散型クラウドストレージ技術を利用して、CPUやメモリーを容易に拡張できるとしている。

 他のデータベースからの移行しやすさもアピールしている。MySQLおよびPostgreSQLとは100%の互換性をうたっている。Oracle Dartabaseとの互換性もも高いとしている。移行ツールや移行サービスも準備している。これにより、他のデータベースからの移行が容易であるとしている。

関連キーワード

Alibaba Cloud / ApsaraDB / PolarDB

関連記事

Special

-PR-

アリババクラウド、RDB「ApsaraDB for PolarDB」を日本リージョンでも提供開始アリババクラウド・ジャパンサービスは2020年5月20日、パブリッククラウド「Alibaba Cloud」で利用できるリレーショナルデータベースの1つ「ApsaraDB for PolarDB」が日本リージョンでも利用できるようになったと発表した。これにより、ミッションクリティカルな業務システムなどもAlibaba Cloud上で利用しやすくなった。2020年4月30日から利用できる。

PAGE TOP