[新製品・サービス]

BIツール新版「Tableau 2020.2」、複数テーブルを共通フィールドで関連付けて分析可能に

2020年6月2日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米Tableau Softwareは2020年6月2日、会見を開き、現場のエンドユーザーに向けたBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェア「Tableau」の新版「2020.2」を発表した。同日提供を開始した。同社は四半期ごとに新版をリリースしており、2020.2は2020年の2回めに当たる。新版では、分析対象となる複数のテーブルを共通フィールドで関連付けて分析できる「リレーションシップ」機能などを追加した。

 Tableauは、簡単に使えることに注力した現場向けのBIソフトウェアである(関連記事「データ中心文化の醸成が企業の成長には欠かせない」、Tableau Japanが会見)。Excelファイルや、外部のRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)、さらにSalesforce.comなどの各種SaaSアプリケーションなどからデータを取り込んで、これを分析し、ダッシュボード(可視化レポート画面)を作成できる。

 ソフトウェアは、スタンドアロンで動作する「Tableau Desktop」、Webブラウザを介してダッシュボードの共有や簡単なデータ分析ができる「Tableau Server」(およびクラウド型の「Tableau Online」)などがある。ライセンスは年額制で、ユーザーの役割に応じて、最上位のTableau Creator、部門担当者向けのTableau Explorer、ダッシュボートを参照するだけのTableau Viewerの3種類を用意している。

 昨今では、分析用のデータを準備するフェーズを支援する機能を強化してきている。例えば、2018年にリリースした「2018.1」では、データのクリーニングによって分析用データを整備する外部ツール「Tableau Prep」を用意した(関連記事Tableau Prepで分析データの表記ゆれやミスを修復、現場向けBIのTableauが提供)。

複数テーブルを結合して分析するリレーションシップ機能

 今回の新版「2020.2」でも、分析データを準備する機能を強化した。ハイライト機能の1つが、複数のテーブルを共通フィールドで関連付けて結合して分析できる「リレーションシップ」機能である(図1)。ETL(抽出/加工/登録)ツールやSQLなどを使って分析用のデータを事前に整備する作業が不要になる。また、それぞれのテーブルは全詳細データを保持したままなので、視点を変えて分析できる。

図1:複数のテーブルを共通フィールドで関連付けて結合して分析できる「リレーションシップ」機能を追加した(出典:米Tableau Software)図1:複数のテーブルを共通フィールドで関連付けて結合して分析できる「リレーションシップ」機能を追加した(出典:米Tableau Software)
拡大画像表示

 データをクリーニングするTableau Prepも強化し、データを一括で更新するのではなく、新たに追加になった増分データだけを追加できるようになった。また、Tableau Prepにデータを取り込むコネクタの1つとして、Salesforceコネクタを追加した。Salesforce.comに直接接続してデータを持ってこられるようになった。

 新版では、Tableauのモバイルアプリも強化し、データの可視性を高めた。まず。ダッシュボードのハイライトとなる監視値を表示するメトリクス機能を、モバイルアプリでも利用できるようにした(画面1)。また、ダッシュボード画面に表示すべきデータをマシンラーニング(機械学習)によって自動で判断し、パーソナライズしたビューを推奨する機能を、モバイルアプリでも使えるようにした。

画面1:Tableauのモバイルアプリでメトリクスを表示できるようにした(出典:米Tableau Software)画面1:Tableauのモバイルアプリでメトリクスを表示できるようにした(出典:米Tableau Software)
拡大画像表示

 なお、クラウドサービスのTableau Onlineも強化し、同日付で東京リージョンのサービス提供を開始した。

関連キーワード

Tableau

関連記事

Special

-PR-

BIツール新版「Tableau 2020.2」、複数テーブルを共通フィールドで関連付けて分析可能に米Tableau Softwareは2020年6月2日、会見を開き、現場のエンドユーザーに向けたBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェア「Tableau」の新版「2020.2」を発表した。同日提供を開始した。同社は四半期ごとに新版をリリースしており、2020.2は2020年の2回めに当たる。新版では、分析対象となる複数のテーブルを共通フィールドで関連付けて分析できる「リレーションシップ」機能などを追加した。

PAGE TOP