[新製品・サービス]

富士通、無線LAN APを兼ねたエッジデバイスを販売、キャッシュでWindows Updateを高速化

2020年6月15日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2020年6月15日、無線LANアクセスポイント機能を備えたエッジコンピューティング用途のPCサーバー機「FUJITSU Desktop ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/W」(以下、Z0110/W)を発表した。開発会社は富士通クライアントコンピューティング。特徴は、WSUS(Windows Update)のデータをキャッシュしてWindows Update時のネットワーク負荷を軽減する機能を備えていること。価格はオープン。2020年7月中旬から提供する。

 FUJITSU Desktop ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/W(Z0110/W)は、エッジコンピューティング用途のPCである(写真1)。OSにWindows 10 IoT Enterpriseを搭載したPCに、無線LANアクセスポイント機能を持たせている。Z0110/Wと無線で接続したWindows端末群のデータを処理できる。

写真1:FUJITSU Desktop ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/Wの外観写真1:FUJITSU Desktop ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/Wの外観

 特徴は、社内のWidnows機器にWindows Updateデータを配信するWSUS(Windows Server Update Services)サーバーへのアクセス集中を緩和する機能を備えていることである(図1)。Windows Updateの更新データを、Z0110/Wがキャッシュする仕組み。2台め以降のWindows端末に対しては、WSUSサーバーではなくZ0110/Wのキャッシュデータを配信する。

図1:WSUSサーバーのデータをキャッシュしてWindows Update時のネットワーク負荷を軽減する機能を備える(出典:富士通、富士通クライアントコンピューティング)図1:WSUSサーバーのデータをキャッシュしてWindows Update時のネットワーク負荷を軽減する機能を備える(出典:富士通、富士通クライアントコンピューティング)
拡大画像表示

 キャッシュによるWindows Updateの時間短縮効果は大きいとしている。具体的には、40台のWindows端末を同時に「Windows 10 Version 1809」から「Windows 10 Version 1903」にアップデートした場合のダウンロード時間は、Z0110/Wを導入する前と比べて15分の1に短縮できたという。

 背景には、更新プログラムの配信が多いWindows 10搭載PCの導入が進んでいる状況がある。Windows 10は、毎月1回の品質更新プログラム(約1Gバイト)と、年2回の機能更新プログラム(約3Gバイト)がある。Windows Updateによって起こる社内WSUSサーバーへのアクセス集中によるネットワーク負荷が問題となっている。

 本体形状は、ボックス型の小型PCに、無線LAN接続用の外部アンテナを付けたものになる。外形寸法は、アンテナをたたんだ状態で190×185×高さ91.5ミリメートル、アンテナを立てた状態で190×185×高さ214.9ミリメートル。重さは約2.4キログラム。

関連キーワード

富士通 / WSUS

関連記事

Special

-PR-

富士通、無線LAN APを兼ねたエッジデバイスを販売、キャッシュでWindows Updateを高速化富士通は2020年6月15日、無線LANアクセスポイント機能を備えたエッジコンピューティング用途のPCサーバー機「FUJITSU Desktop ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/W」(以下、Z0110/W)を発表した。開発会社は富士通クライアントコンピューティング。特徴は、WSUS(Windows Update)のデータをキャッシュしてWindows Update時のネットワーク負荷を軽減する機能を備えていること。価格はオープン。2020年7月中旬から提供する。

PAGE TOP