開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

マクニカネットワークス、GitHubと連携するコードレビュー自動化サービス「Sider」を販売

2020年7月1日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

GitHub Enterpriseを販売しているマクニカネットワークスは2020年7月1日、GitHubと連携して動作するコードレビュー自動化サービス「Sider」の販売を開始した。GitHubのPull Requestと同期して自動でコードをレビュー(査読)する。人が時間をかける必要のない簡易なコードレビューをSiderに任せて自動化できる。開発会社は、スリーク(本社:東京都品川区)。

 Siderは、GitHubと連携して動作するコードレビュー自動化サービスである。GitHubのPull Requestのタイミング、すなわち開発者がソースコードに加えた変更内容を、他の開発者に通知したタイミングで動作する。

 Siderは、ルールに基づいてソースコードを解析し、レビューの結果を表示する。Siderの指摘内容や対応状況は、GitHubの画面上で把握できる。解析ルールはカスタマイズできる。非推奨のAPIなど、組織やプロジェクトに固有のルールを、Sider上で独自解析ルールとして登録できる。

 Siderの意義をマクニカネットワークスは「本質的な意義のあるコードレビューへ注力できる」と説明する(図1)。例えば、オープンソースのコードレビューツールをそのまま利用すると、指摘が数万件出てくることは珍しくない。Siderのルールに基づき指摘を最適な量に絞ることで、現実的に人が確認できる状態になる。

図1:Siderが実施するコードレビューの範囲(出典:マクニカネットワークス)図1:Siderが実施するコードレビューの範囲(出典:マクニカネットワークス)
拡大画像表示

  価格(10%消費税込み)は、10ユーザーあたり年額18万円。Siderのエディションのうち、オンプレミスで動作する「GitHub Enterprise」と連携できる最上位エディション「Enterprise」を、年間契約で販売する。SiderのEnterprise版は、クラウドサービスでもオンプレミスでも導入できる。なお、マクニカネットワークスはGitHub Enterpriseを販売しており、Siderの下位エディションは販売しない。

 一方、スリークによるSiderの販売価格は、Enterprise版が10ユーザーあたり月額1万5000円で、年額ではマクニカネットワークスの販売価格と同じである。下位エディションの「Standard」(GitHub.comのプライベートリポジトリとパブリックリポジトリが使える)は1ユーザーあたり月額1500円、最下位エディションの「Free」(GitHub.comのパブリックリポジトリに限定)は無料。

関連キーワード

マクニカネットワークス / Sider / GitHub

関連記事

Special

-PR-

マクニカネットワークス、GitHubと連携するコードレビュー自動化サービス「Sider」を販売GitHub Enterpriseを販売しているマクニカネットワークスは2020年7月1日、GitHubと連携して動作するコードレビュー自動化サービス「Sider」の販売を開始した。GitHubのPull Requestと同期して自動でコードをレビュー(査読)する。人が時間をかける必要のない簡易なコードレビューをSiderに任せて自動化できる。開発会社は、スリーク(本社:東京都品川区)。

PAGE TOP