コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

KDDI、Teamsで固定電話の発着信ができるクラウド型の電話サービスを開始

2020年7月28日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

KDDIは2020年7月28日、Microsoft Teamsで固定電話の発着信ができるクラウド型の電話サービス「Cloud Calling for Microsoft Teams」を開始した。価格(税別)は、基本料が1拠点あたり月額2000円、利用する固定電話番号あたり月額300円。初期費用は、基本登録料が5000円、固定電話番号の登録料が電話番号あたり1000円。

 Cloud Calling for Microsoft Teamsは、Microsoft Teamsで固定電話の発着信ができるクラウド型の電話サービスである(図1)。KDDIの音声コミュニケーション基盤とTeamsを連携させて実現した。オフィスへの電話回線の引き込みや、宅内機器の設置工事などを行うことなく、固定電話の利用環境を素早く構築できる。KDDI固定電話サービスとの間で無料で通話できる(記事末の表1)。

図1:Cloud Calling for Microsoft Teamsの概要(出典:KDDI)図1:Cloud Calling for Microsoft Teamsの概要(出典:KDDI)
拡大画像表示

 固定電話の発着信ができるだけでなく、電話の転送やグループ通話といった、電話に必要な機能を一通り備える。利用する電話番号の単位でサービスを追加・拡張できるため、小規模の導入から徐々に導入規模を拡大していける。音声通話の運用保守は、KDDIに一本化できる。クラウドサービスのライセンスからデバイスまでKDDIがワンストップで提供する。

 なおKDDIは、Microsoft Lync、Skype for Businessなどの導入企業に対し、チャット、ビデオ会議、音声通話などを組み合わせられるコミュニケーション環境を構築している。2018年7月からは、TeamsのDirect Routing機能を活用した電話サービスの提供も始めている。

表1:Cloud Calling for Microsoft Teamsの通話料金(出典:KDDI)
着信先 通話料金 ダイヤル番号 備考
Cloud Calling for Microsoft Teamsあて 無料 050 -
KDDI電話あて 無料 0AB~J/050 -
NTT加入電話あて 8円/3分 0AB~J 国内固定電話
他社0AB~Jあて 8円/3分 0AB~J 国内固定電話
au携帯電話あて 15.5円/1分 070/080/090 -
au以外の携帯電話あて 16円/1分 070/080/090 -
国際通話 米国あての場合、9円/1分 -
関連キーワード

KDDI / Microsoft Teams

関連記事

Special

-PR-

KDDI、Teamsで固定電話の発着信ができるクラウド型の電話サービスを開始KDDIは2020年7月28日、Microsoft Teamsで固定電話の発着信ができるクラウド型の電話サービス「Cloud Calling for Microsoft Teams」を開始した。価格(税別)は、基本料が1拠点あたり月額2000円、利用する固定電話番号あたり月額300円。初期費用は、基本登録料が5000円、固定電話番号の登録料が電話番号あたり1000円。

PAGE TOP