開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

日立Sol、建設現場の働き方と生産性向上を支援する製品群を体系化

2020年8月6日(木)IT Leaders編集部

日立ソリューションズは2020年8月6日、建設現場の働き方と生産性向上をAIやIoTなどを活用して支援する製品群を「建設業向けソリューション」として体系化したと発表した。同日提供を開始した。価格は、個別見積もり。

 日立ソリューションズはこれまで、“建設テック”の製品サービス群を提供してきた。例えば、スマートデバイスやIoTを活用して、調査・測量、検査・点検、遠隔支援、安全管理、といったフィールド業務を支援している。社会インフラ、建設業、建設機械業の企業や自治体と協創し、建設現場が直面する課題解決に取り組んできた。国土交通省の研究会にも事務局として参加し、建設業界のデジタル変革を支援している。

図1:建設現場の働き方と生産性向上を支援する製品群を「建設業向けソリューション」として体系化した(出典:日立ソリューションズ)図1:建設現場の働き方と生産性向上を支援する製品群を「建設業向けソリューション」として体系化した(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 今回体系化した「建設業向けソリューション」は、こうした経験やノウハウを活用し、建設現場の新常態における働き方改革と生産性向上を可能にする製品サービス群である(図1)。これまで提供してきたシステムやサービスを、建設プロセスと建設現場の業務に沿って展開する。

 具体的には、建設現場で必要になる「プロジェクト管理」、「検査・点検」、「図面管理」、「安全衛生」の分野で、製品をラインアップする。例えば、建設会社と共同開発した鉄筋の出来形検測アプリケーションは、画像解析技術を活用して作業を省力化する。

 プロジェクト管理では、工程管理・プロジェクト管理効率化アプリケーション「SynViz S2」を提供。図面管理では、類似図面検索AIソフトウェアと「活文 BIMデータ共有・活用ソリューション」を提供。検査・点検では、「GeoMation スマートフォン活用3D計測ソリューション」や「フィールド業務情報共有システム」、「GeoMation 鉄筋出来形自動検測システム」、建設現場画像管理・共有サービス「StructionSite」(2020年秋販売開始予定)、などを提供する。安全衛生では、安全衛生管理アプリケーションがある。

 背景には、建設業界では、少子高齢化によって若年層の労働者が不足しており、熟練者の技術継承や労災の増加抑制といった問題が課題になっている状況がある。こうした課題を解決するため、建設現場の働き方改革やデジタル技術を活用した生産性向上策に取り組む動きが加速している。特に海外では、デジタル技術を駆使して建設現場に革新をもたらす「ConTech(建設テック)」という流れが生まれている。

関連キーワード

日立ソリューションズ

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、建設現場の働き方と生産性向上を支援する製品群を体系化日立ソリューションズは2020年8月6日、建設現場の働き方と生産性向上をAIやIoTなどを活用して支援する製品群を「建設業向けソリューション」として体系化したと発表した。同日提供を開始した。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP