システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

UiPath、RPA導入プロジェクトの品質評価キット「UiPathデリバリーアセスメント」を無料公開

2020年8月6日(木)IT Leaders編集部

UiPathは2020年8月5日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「UiPath」の導入プロジェクトに向けて、プロジェクトの品質を評価できるキット「UiPathデリバリーアセスメント」を公開した。同社のWebサイトから無料でダウンロードできる。

 UiPathデリバリーアセスメントは、UiPath導入プロジェクトの品質を評価できるキットである。UiPath導入プロジェクトにおける考慮漏れや準備不足を未然に防ぎ、高品質な開発を行えるように支援する。RPA導入に初めて取り組む企業から、RPA導入の経験が豊富な企業まで、幅広く利用されることを想定している。

 同品質評価キットを活用することで、UiPath導入におけるプロジェクト管理とワークフローの開発が、適切な基準のもとに実施されているかどうかを、ユーザー企業自身でセルフチェックできる。

 以下2つの要素をチェックできるチェックシートとツールを提供する。

プロジェクトマネジメントアセスメント
プロジェクトマネジメントアセスメントシートを使って、UiPath導入プロジェクトにおける成果物やプロセスの存在有無を確認し、プロジェクトマネジメントが適切な基準のもとに実施されているかを評価する
デベロップメントアセスメント
チェックリスト、品質評価キット、品質確認ツール、――を用いて、ワークフロー開発が、コーディング品質のルールに準拠して行われているかを評価する

 これらを利用することで、UiPath導入プロジェクトにおけるガバナンスやルールを明確にできる。ユーザー企業自身が簡単にチェックできるため、コストをかけずにプロジェクトを改善できる。

 背景には、RPAの導入を成功させるには、ガバナンスやルールが重要になるという状況がある。大規模な導入プロジェクトでなくても、必要なガバナンスやルールが定められていないことによって、保守・運用に課題を抱えるケースも少なくない。

関連キーワード

UiPath

関連記事

Special

-PR-

UiPath、RPA導入プロジェクトの品質評価キット「UiPathデリバリーアセスメント」を無料公開UiPathは2020年8月5日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「UiPath」の導入プロジェクトに向けて、プロジェクトの品質を評価できるキット「UiPathデリバリーアセスメント」を公開した。同社のWebサイトから無料でダウンロードできる。

PAGE TOP