システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

Redmineのチケット一覧をカード形式のかんばん風に表示、ファーエンドテクノロジーがプラグインを無償提供

2020年8月6日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ファーエンドテクノロジーは2020年8月6日、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」の機能を拡張するプラグインとして、チケット一覧をカード形式のかんばん風に表示できる「チケットパネル」を公開した。GitHubからダウンロードして無償で利用できる。

 チケットパネルは、プロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」のプラグインで、チケット一覧をカード形式のかんばん風に表示する(画面1)。プロジェクト全体の進行状況と作業ボリュームを視覚的に把握できる。プロジェクトの進捗状況をメンバーと共有しやすくなる。

画面1:チケットパネルを適用したRedmineの利用画面。チケットをカード形式のかんばん風に表示できる(出典:ファーエンドテクノロジー)画面1:チケットパネルを適用したRedmineの利用画面。チケットをカード形式のかんばん風に表示できる(出典:ファーエンドテクノロジー)
拡大画像表示

 カード形式のチケットは、「進行中」から「解決」のステータスにドラッグ&ドロップ操作で移動するなど、直感的に操作できる。ミーティングにおけるチケットの棚卸しなどの時間短縮につながる。

 なお、チケットパネルは元々、ファーエンドテクノロジーが提供するクラウド型のRedmineサービス「My Redmine」の独自機能として開発したものである。My Redmineは現在、900社が利用しているという。今回同機能を、Redmineで使えるプラグインとして公開した形である。

 チケットパネルの紹介ページのURLは「https://www.farend.co.jp/redmine/opensource/issues-panel/」。チケットパネルのソフトウェア本体は、リンク先からGitHubを介してダウンロードできる。

関連キーワード

ファーエンドテクノロジー / Redmine

関連記事

Special

-PR-

Redmineのチケット一覧をカード形式のかんばん風に表示、ファーエンドテクノロジーがプラグインを無償提供ファーエンドテクノロジーは2020年8月6日、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」の機能を拡張するプラグインとして、チケット一覧をカード形式のかんばん風に表示できる「チケットパネル」を公開した。GitHubからダウンロードして無償で利用できる。

PAGE TOP