[事例ニュース]

YKK AP、業務改善やコスト削減を狙いG Suiteを導入、営業部門はWeb商談の営業スタイルを確立

2020年9月3日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アルミ建材メーカーのYKK APは、クラウド型のグループウェア「G Suite」を全社で導入している。2020年9月3日、グーグルが開催した説明会にYKK APでIT統括部グローバルITセキュリティ&ガバナンス室長を務める齋藤充宏氏が登壇。G Suite導入で得られた効果などを説明した。

 YKK APは、G Suiteを導入した。目的の1つは、ITシステムを保有しないことによるシステム運用コストの削減である。アプリケーションをクラウドに移行することから、VPN接続にともなうネットワークの負荷も減る。働き方改革の観点では、場所やデバイスを選ばずにアプリケーションを利用できる。

 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響下においても、クラウド型のグループウェアは役立った。例えば、表計算ソフトのスプレッドシートを用いることで、出社状況を報告させて集計・可視化する仕組みを迅速に構築できた。Web会議システムのGoogle Meetは、在宅勤務に役立った。

 営業部門では、Google MeetによるWeb商談を活用することで、新たな営業スタイルを確立した。移動ロスが減ったことで、営業時間が増えた。1つの商談に要する時間が短くなったことで、顧客との接点が増えた。顧客と資料を共有することによって、認識齟齬を防止できる。大規模な会議を開催する際にも、会場を予約する必要がなくなった。

関連キーワード

YKK AP / G Suite / Google Meet

関連記事

Special

-PR-

YKK AP、業務改善やコスト削減を狙いG Suiteを導入、営業部門はWeb商談の営業スタイルを確立アルミ建材メーカーのYKK APは、クラウド型のグループウェア「G Suite」を全社で導入している。2020年9月3日、グーグルが開催した説明会にYKK APでIT統括部グローバルITセキュリティ&ガバナンス室長を務める齋藤充宏氏が登壇。G Suite導入で得られた効果などを説明した。

PAGE TOP