[事例ニュース]

ダイフク、グループ4000人の人事システムを構築、主要人事管理機能に加えてタレントマネジメントも実施

2020年9月9日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

搬送システムや仕分け・ピッキングシステムなどの物流システムを手がけるダイフクは、タレントマネジメントを含む統合人事システムを構築した。国内グループ会社を含む従業員約4000人を対象に稼働を開始した。人事システムには、電通国際情報サービス(ISID)のHCMアプリケーション「POSITIVE」を採用した。ISIDが2020年9月9日に発表した。

 ダイフク(本社:大阪府大阪市)は、タレントマネジメントを含む統合人事システムを構築し、国内グループ会社を含む従業員約4000人を対象に稼働させた。

 新しい人事システムには、電通国際情報サービス(ISID)のHCMアプリケーション「POSITIVE」を採用した。POSITIVEは、基幹人事システムの主要機能である人事・給与・就業管理やワークフローに加え、タレントマネジメントやモバイル対応なども網羅している(画面1)。

画面1:POSITIVEの人事管理インタフェース(出典:電通国際情報サービス)

 ダイフクは以前、勤務状況を登録するシステムと、工数を登録するシステムを、それぞれ別のシステムとして管理していた。このため、社員や上長は、それぞれのシステムにログインし、データが乖離していないかをチェックしていた。POSITIVEを導入した後は、こうした作業が不要になり、就業管理の作業負荷が大幅に下がったという。

 人事関連のシステムを1つに統一することで、人事部門の業務量も約3割の削減を図った。データの2重登録作業や、データ不整合のチェック作業、分散していたデータの集計作業などを改善した。リモートワークもやりやすくなった。人事関連の申請をすべて電子化したことで、印刷や押印の必要がなくなった。

 タレントマネジメントも開始した。人材に関する情報を統合的に管理し、グループでの人材管理が容易になった。グループの従業員が持つ専門性や業務経験などの人事データを管理できるようになった。今後は、タレントマネジマント基盤を活用し、人的資源の有効活用や人材育成に生かす。

関連キーワード

ダイフク / 電通国際情報サービス / 製造 / HCM / タレントマネジメント

関連記事

Special

-PR-

ダイフク、グループ4000人の人事システムを構築、主要人事管理機能に加えてタレントマネジメントも実施搬送システムや仕分け・ピッキングシステムなどの物流システムを手がけるダイフクは、タレントマネジメントを含む統合人事システムを構築した。国内グループ会社を含む従業員約4000人を対象に稼働を開始した。人事システムには、電通国際情報サービス(ISID)のHCMアプリケーション「POSITIVE」を採用した。ISIDが2020年9月9日に発表した。

PAGE TOP