アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

Winテクノロジ、申請・承認業務をペーパーレス化する「汎用簡易ワークフロー」を無償提供

2020年9月17日(木)IT Leaders編集部

Winテクノロジは2020年9月16日、テレワークを促進するため、申請・承認業務をペーパーレス化する「汎用簡易ワークフロー」の無償提供を開始した。Office文書ファイル/PDF/スキャン画像などの既存の文書を使いつつ、申請・承認ワークフローをシステム化できる。

 汎用簡易ワークフローは、従来の紙ベースの申請書類をそのまま利用しながら、承認実績を電子的な方式で記録する簡易的なワークフローシステムである。Teamsと連携させれば、Teamsから離れることなく申請から承認まで一連の業務を遂行できる。

 ワークフローシステムは、Microsoft Power Platformで構築しているため、容易にカスタマイズできる。Microsoft 365 E1以上のライセンスを持つ企業であれば、追加費用なしで利用できる。

 特徴の1つは、従来通りのやり方で申請書を作成できることである。

 申請者は、Word/ExcelなどのOffice文書ファイルに申請内容を入力したり、申請内容を記載した紙をPDFファイルや画像ファイルとして取り込んだりできる。こうして用意した申請書の電子ファイルをワークフローの申請画面に添付し、上長、担当者、決裁者を指定して申請する。承認者は、添付ファイルの内容を確認し、PCやスマートフォンで承認する。

 汎用簡易ワークフローは、WinテクノロジのWebサイトからダウンロードできる。MITライセンスの下で、業種や規模を問わず自由に利用できる。Winテクノロジによる導入支援やカスタマイズは有償での対応になる。

関連キーワード

Winテクノロジ

関連記事

Special

-PR-

Winテクノロジ、申請・承認業務をペーパーレス化する「汎用簡易ワークフロー」を無償提供Winテクノロジは2020年9月16日、テレワークを促進するため、申請・承認業務をペーパーレス化する「汎用簡易ワークフロー」の無償提供を開始した。Office文書ファイル/PDF/スキャン画像などの既存の文書を使いつつ、申請・承認ワークフローをシステム化できる。

PAGE TOP