[新製品・サービス]

NTT Com、Blue PrismのRPAツールをクラウドサービスとして提供

2020年10月7日(水)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年10月6日、英Blue PrismのRPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェアをクラウド型で提供すると発表した。2020年度内に開始する。RPAの進化形であるインテリジェントなデジタルワーカーによって、広範な領域におけるデジタル変革を推進するとしている。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、RPAの機能をベースに、画像から情報を抽出する認知機能やAIによる文章理解、人とコミュニケーションができるチャットボットなどの機能を加えた「デジタルワーカー」のクラウドサービスを提供する。これまでのRPAよりも高度で複雑な業務を自動化できるとしている(図1)。

図1:NTTコミュニケーションズが提供する「デジタルワーカー」サービスの概要(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:NTTコミュニケーションズが提供する「デジタルワーカー」サービスの概要(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 英Blue PrismのRPAソフトをクラウド上で提供する。これを、NTT Comのデータセンター上で、クラウドサービスの形で利用できる。クラウドやオンプレミスなどの複数の場所に存在するITリソースに対して、閉域網で接続することもできる。このため、業務システムを横断した業務をセキュリティを保ったまま遂行できる。

 働き方改革の一環として、RPAによる自動化が普及・浸透しつつあるが、現在は業務単位・部署単位での効率化が主になっている。NTT Comでは、全社で横断的なデジタル変革を推進するためには、単なるRPAよりも高度な業務を自動化できることや、企業内のデータベースや基幹システムに安全にアクセスできる必要があるとしている。

関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / Blue Prism

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、Blue PrismのRPAツールをクラウドサービスとして提供NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年10月6日、英Blue PrismのRPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェアをクラウド型で提供すると発表した。2020年度内に開始する。RPAの進化形であるインテリジェントなデジタルワーカーによって、広範な領域におけるデジタル変革を推進するとしている。

PAGE TOP