[事例ニュース]

ゆうちょ銀行、AI-OCRで自動払込利用申込書と顧客情報を突合、業務を60%効率化

2020年10月7日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ゆうちょ銀行は、後方事務にAI-OCRを導入し、2021年2月から稼働させる。自動払込利用申込書の内容と顧客情報を突合する処理を、従来比で約60%効率化する。AI-OCRをゆうちょ銀行に導入したNECが2020年10月7日に発表した。

 ゆうちょ銀行は、自動払込利用申込書の内容と顧客情報を突合する処理に、AI-OCRを導入する(図1)。全国11カ所の貯金事務センターで取り扱う年間約1400万件の自動払込利用申込書を処理させる。

図1:ゆうちょ銀行は、自動払込利用申込書の内容と顧客情報を突合する処理に、AI-OCRを導入する(出典:NEC)図1:ゆうちょ銀行は、自動払込利用申込書の内容と顧客情報を突合する処理に、AI-OCRを導入する(出典:NEC)

 実際に取り扱っている帳票の手書き文字を学習させ、ゆうちょ銀行向けの学習モデルを生成する。これにより、全国各地の数千種類ある帳票の手書きの文字を、正確に読み取れるようにする。

 金融業界では、バックオフィス業務に正確性とスピードが求められている。中でも、自動払込利用申込書受付にともなう事務処理は、帳票の種類が数千あり、すべての手書き文字を従来のOCRで読み取ることは難しい。

 なお、AI-OCRソフトウェアには、Arithmerが開発した「ArithmerOCR」を活用している。

関連キーワード

ゆうちょ銀行 / AI-OCR / NEC X

関連記事

Special

-PR-

ゆうちょ銀行、AI-OCRで自動払込利用申込書と顧客情報を突合、業務を60%効率化ゆうちょ銀行は、後方事務にAI-OCRを導入し、2021年2月から稼働させる。自動払込利用申込書の内容と顧客情報を突合する処理を、従来比で約60%効率化する。AI-OCRをゆうちょ銀行に導入したNECが2020年10月7日に発表した。

PAGE TOP