開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

TIS、SAP S/4HANAマイグレーションの前提となるUnicode変換を自動化するサービス

2020年10月21日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISは2020年10月21日、「SAP S/4HANA」へのマイグレーションにおいて前提となる、ABAPプログラムのUnicode変換を自動化するサービス「SAP ABAP Unicode自動変換サービス」を提供すると発表した。ツールの活用により、改修に関する工数を最大95%削減する。2023年までに15社への導入を目指す。

 SAP ABAP Unicode自動変換サービスは、ABAPプログラムのUnicode変換を自動化するサービスである(図1)。Unicode以外の文字コードでSAP ERP 6.0を利用している企業がSAP S/4HANAにマイグレーションする際に必要となる改修作業を自動化する。

TIS、SAP S/4HANAマイグレーションの前提となるUnicode変換を自動化するサービスTIS、SAP S/4HANAマイグレーションの前提となるUnicode変換を自動化するサービス
拡大画像表示

 従来の手動変換では、プログラミング言語であるABAPを熟知した技術者による個別修正が必要になっていた。これを、TISのリライトツール「Xenlon~神龍 Migrator C2J」の技術を応用することで、ABAPプログラムの変換の工数と期間を短縮する。

 ERP6.0を利用している日本企業は、多くのアドオンプログラムを使っていることから、Unicode化にともない、プログラムの個別修正に膨大な工数を要する。今回のSAP ABAP Unicode自動変換サービスを活用することで、変換パターンに合致する箇所への改修を自動化できるので、改修に関する工数を最大で95%削減できる。

 なお、Xenlon~神龍 Migrator C2Jは、メインフレームからオープン環境への移行を支援するサービス「Xenlon~神龍マイグレーションサービス」を構成する、TIS独自のリライトツールである。業務ロジックのほぼ100%を自動で変換できるとしている。

関連キーワード

TIS / ABAP

関連記事

Special

-PR-

TIS、SAP S/4HANAマイグレーションの前提となるUnicode変換を自動化するサービスTISは2020年10月21日、「SAP S/4HANA」へのマイグレーションにおいて前提となる、ABAPプログラムのUnicode変換を自動化するサービス「SAP ABAP Unicode自動変換サービス」を提供すると発表した。ツールの活用により、改修に関する工数を最大95%削減する。2023年までに15社への導入を目指す。

PAGE TOP