[新製品・サービス]

ソフトブレーン、CRM/SFA「eセールスマネージャー」の中小企業版を刷新、機能をシンプルに

2020年11月6日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ソフトブレーンは2020年11月4日、中小企業に向けたCRM(顧客関係管理)/SFA(営業支援)ソフトウェアの新版「eセールスマネージャーMS(esm's)」を販売開始した。クラウド型で提供する。新版では、余分な機能をそぎ落とし、表示・入力・設定画面をシンプルに改良した。価格(税別)は、1アカウントあたり月額3500円。

 eセールスマネージャーMS(esm's)は、中小企業に向けたCRM(顧客関係管理)/SFA(営業支援)ソフトウェアである。旧製品「eセールスマネージャーRemix MS」のアーキテクチャを改良した新版に相当する。新版では、余分な機能をそぎ落とし、表示・入力・設定画面をシンプルに改良した。

 新版ではまず、導入を容易とした。見積りの取得から本導入・契約まで、すべてオンライン上で完結するようにした。導入時のヒアリングにオンラインで回答するだけで、自社に合ったた環境を最短で15分で自動構築できる。

 30日間の無料トライアルが可能。無料トライアル中は、オンライン通話サービスなどを通じて、導入に必要な支援を受けられる。無料トライアル後も、メールやチャットでフォローする。ユーザー自身で使い方を調べられるWeb情報「活用支援サイト」も公開している。

 機能面では、余分な機能をそぎ落とし、表示・入力・設定画面をシンプルに改良した。例えば、案件シートを取り除き、顧客情報に商品情報をひも付けられるようにした(図1)。従来は、案件の単位で情報を登録するしかなかったため、簡単に手間なく報告するニーズに適さなかった。

図1:eセールスマネージャーMS(esm's)の画面。従来版よりも画面をシンプルにした(出典:ソフトブレーン)図1:eセールスマネージャーMS(esm's)の画面。従来版よりも画面をシンプルにした(出典:ソフトブレーン)
拡大画像表示

 また、設定変更時に管理者として再ログインしなくても済むようにした。管理者の概念を無くし、管理権限のあるユーザーであれば、ユーザー画面からそのまま設定を変更できるようになった。

表1:eセールスマネージャーMS(esm's)の機能一覧(これらのほか、リード管理、マップ、Excel連携といった機能も順次リリースする予定)
顧客管理 社内の顧客情報を一括で管理できる。基本情報だけでなく、商談の状況から、顧客にひも付いたタスク管理まで、一目で把握できる
商品管理 商品コードや単価など、商品情報を一括で管理できる。取引情報を確認できるほか、複数の商品をまとめてセット商品として登録できる
名刺デジタル化 商談で交換した名刺をスマートフォンで撮影するだけでデータ化できる。名刺情報はすぐに活動報告に利用でき、後から商談報告にひも付ける必要はない
名刺管理 名刺を登録するだけでなく、名刺を軸に該当人物との今後のスケジュールや過去の接点履歴を見られる。活動履歴が存在する場合、面識があるかどうか、自動で画面に表示する
活動記録 顧客や担当者、商品、売上、進捗状況など、商談の情報を各種のデータをひも付けて管理できる
スケジュール管理 カレンダー機能を使って、チームや会社でスケジュールを共有できる。グループウェアの代わりに使える
タスク管理 スケジュールとは別に、タスクを入力・共有できる。顧客と結びつけることもでき、顧客画面では該当の顧客に関する今後のタスクを確認できる
タイムライン(社内SNS) 商談情報の登録や追加などの更新があった場合に、内容を自動で関係者に共有する。情報共有メールなどの必要がなくなる
スマホアプリ PC版とほぼ同じ機能を備えたスマートフォンアプリを標準で提供する。移動中のスキマ時間を活用して情報を確認できる
関連キーワード

ソフトブレーン / eセールスマネージャー

関連記事

Special

-PR-

ソフトブレーン、CRM/SFA「eセールスマネージャー」の中小企業版を刷新、機能をシンプルにソフトブレーンは2020年11月4日、中小企業に向けたCRM(顧客関係管理)/SFA(営業支援)ソフトウェアの新版「eセールスマネージャーMS(esm's)」を販売開始した。クラウド型で提供する。新版では、余分な機能をそぎ落とし、表示・入力・設定画面をシンプルに改良した。価格(税別)は、1アカウントあたり月額3500円。

PAGE TOP