[市場動向]

OKIアイディエス、FPGAでAI処理を高速化するサービスを提供、仏Mipsologyと提携

2020年11月11日(水)IT Leaders編集部

沖電気工業(OKI)は2020年11月10日、OKIグループで設計開発サービスを手がけるOKIアイディエス(OIDS)と仏Mipsologyが、日本国内での高速画像処理AI市場参入を目指し、2020年10月20日に技術提携契約を締結したと発表した。同契約により両社は、自動運転・遠隔操縦ロボット・遠隔医療・映像監視などの高速画像処理が求められる国内市場で、FPGA(field-programmable gate array)技術を活用してAI処理の高速化を支援する設計開発サービスを提供開始する。

 OKIアイディエスは、OKIグループで設計開発サービスを展開している。日本国内を中心に、高速画像転送・通信処理に関するFPGA(FPGA(field-programmable gate array)用のIP(知的財産)の提供と設計開発サービスを展開する。

 仏Mipsologyは、DNN(Deep Neural Network)推論アクセラレーションに焦点を当てたベンチャー企業である。主力ソフトウェア基盤「Zebra」は、FPGA上でニューラルネットワークの推論演算を高速化する。

 両社は、今回の提携で、AIプログラムをFPGAに実装しAI処理を高速化するサービスを提供する(写真1)。OIDSは、顧客企業から預かったAIプログラムを、Zebra基盤を使用してFPGAに実装し、顧客が求める性能を短期間で提供する。

写真1:オンライン調印式のOIDS清水社長(左)とミプソロジー社ルドヴィッチCEO(右)(提供:沖電気工業)写真1:オンライン調印式のOIDS清水社長(左)とミプソロジー社ルドヴィッチCEO(右)(提供:沖電気工業)

 AI開発の分野では、これまでCPU/GPUを中心として開発が進められてきた。しかし、リアルタイム性が求められるAIアプリケーションでは、さらなる高速化が求められている。FPGAにAIプログラムを実装することで、従来比で6倍以上(OIDS保有のAIプログラムによる比較値)の処理速度を実現する。

関連キーワード

OKI / FPGA

関連記事

Special

-PR-

OKIアイディエス、FPGAでAI処理を高速化するサービスを提供、仏Mipsologyと提携沖電気工業(OKI)は2020年11月10日、OKIグループで設計開発サービスを手がけるOKIアイディエス(OIDS)と仏Mipsologyが、日本国内での高速画像処理AI市場参入を目指し、2020年10月20日に技術提携契約を締結したと発表した。同契約により両社は、自動運転・遠隔操縦ロボット・遠隔医療・映像監視などの高速画像処理が求められる国内市場で、FPGA(field-programmable gate array)技術を活用してAI処理の高速化を支援する設計開発サービスを提供開始する。

PAGE TOP