[事例ニュース]

パナソニックSSJ、自社オフィス13拠点・1万5000人を対象に顔認証による入退管理を開始

2020年11月12日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

パナソニックシステムソリューションズジャパンは2002年11月12日、自社オフィス全国13拠点50カ所、約1万5000人の社員を対象に、顔認証による入退管理を運用開始したと発表した。同社の顔認証システム「顔認証 入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS(ケイパス)」を導入した。2020年3月から汐留本社で一部運用していたが、今回全国の拠点へと拡大した。運用拡大に伴い、全国の拠点をサーバーで一元管理し、勤怠管理システムと連携させた。

 パナソニックシステムソリューションズジャパンは、自社オフィス全国13拠点50カ所・約1万5000人の社員を対象に、顔認証による入退管理を運用開始した。社員は、オフィスフロアの各部屋への入退室時、壁掛けチェッカーの前に近づき、顔認証だけでドアを解錠できる(写真1)。

写真1:パナソニックシステムソリューションズジャパンは、自社オフィス全国13拠点50箇所、約1万5000人の社員を対象に、顔認証による入退管理を運用開始した(出典:パナソニックシステムソリューションズジャパン)写真1:パナソニックシステムソリューションズジャパンは、自社オフィス全国13拠点50箇所、約1万5000人の社員を対象に、顔認証による入退管理を運用開始した(出典:パナソニックシステムソリューションズジャパン)

 顔認証による入退管理によって、利便性が上がるとともに、セキュリティも向上する。従来のICカードによる入退管理にはカードの紛失や成りすましなどの課題があったが、顔認証による入退管理ではこれらの課題を解決できる。

 今回の運用では、既に自社で管理していた約1万5000人の社員証ICカードの顔画像を、システムに一括登録した。この際、顔画像の品質を自動的にチェックし、登録後に正しく認証出来ないといった事象を未然に防いだ。

 社員証ICカードを読み取って、新たに顔を撮影し、画像を即時に更新できるレジスタ(登録端末)も設置した。これにより、現場での運用の利便性を高めた。さらに、社内の勤怠システムと連携させ、顔認証による勤怠管理を実現した。

 なお、顔認証システムには、同社の顔認証システム「顔認証 入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS(ケイパス)」を採用した。ディープラーニング(深層学習)を応用している。顔の向きや経年変化、メガネ・マスクなどにも影響されにくいとしている。

 KPASは、一括の顔登録に加えて、専用端末を使って顔と名刺を同時に登録し、最短15秒で利用を開始できる。これにより、社員だけでなく、来訪者の入退管理ができる。登録可能人数は最大3万人であり、大規模オフィスビルでも運用できる。一度登録した来訪者の顔画像は、顔認証による本人確認が終了後、一定期間を経て無効とする設定もできる。

 2020年7月に提供を始めたKPAS新バージョンでは、逆光などで顔が暗く映る場合や、マスクで顔が隠れている場合において、マスク着用時などの顔検出率を従来比で3.1倍、顔認証率を2.2倍に向上させている。

関連キーワード

パナソニックシステムソリューションズジャパン / 入退管理 / 顔認証 / KPAS / 新型コロナウイルス

関連記事

Special

-PR-

パナソニックSSJ、自社オフィス13拠点・1万5000人を対象に顔認証による入退管理を開始パナソニックシステムソリューションズジャパンは2002年11月12日、自社オフィス全国13拠点50カ所、約1万5000人の社員を対象に、顔認証による入退管理を運用開始したと発表した。同社の顔認証システム「顔認証 入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS(ケイパス)」を導入した。2020年3月から汐留本社で一部運用していたが、今回全国の拠点へと拡大した。運用拡大に伴い、全国の拠点をサーバーで一元管理し、勤怠管理システムと連携させた。

PAGE TOP