[新製品・サービス]

キヤノンITS、クラウド型の仮想デスクトップを設定や運用込みで定額で利用できる「クラウドVDI」

2020年11月20日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンITソリューションズは2020年11月19日、クラウド型の仮想デスクトップ「Amazon WorkSpaces」を、設定や運用のサポート込みで月額定額で利用できるサービス「クラウドVDI」を開始した。仮想デスクトップの利用料や通信料、運用費用などをまとめて定額で利用できる。価格(税別)は、初期設定費用が4万円から。利用料金は定額制で、基本料金が月額2万円で、仮想デスクトップ1台あたり月額1万円から。販売目標は、2022年までに100社。

 クラウドVDIは、クラウド型の仮想デスクトップ「Amazon WorkSpaces」を、設定や運用のサポート込みで月額定額で利用できるサービスである(図1)。仮想デスクトップの利用料や通信料、運用費用などをまとめて定額で利用できる。為替の変動がないほか、従量課金の要素がないため、予算を立てやすい。

図1:「クラウドVDI」の概要(出典:キヤノンITソリューションズ)図1:「クラウドVDI」の概要(出典:キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 サービスの構成要素として、NTT東日本が提供するAmazon WorkSpacesの運用サポートサービス「おまかせクラウドVDI」を利用する。この上で、NTT東日本のサポートに加えてキヤノンITソリューションズによるサポートが付く。初期設定やエンドユーザーからの問い合わせ対応などにトータルで対応する。別途オプションで24時間365日体制の対応もできる。

 最低利用期間はなく、必要なときに必要な分だけ1台単位で追加できる。仮想デスクトップの台数やCPU、メモリー、ハードディスクなのスペックも、必要な分を必要な時に設定できる。また、これまで利用端末ごとに実施していたバージョンアップやパッチ適用などの管理作業を削減できる。

関連キーワード

キヤノンITソリューションズ / Amazon WorkSpaces

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITS、クラウド型の仮想デスクトップを設定や運用込みで定額で利用できる「クラウドVDI」キヤノンITソリューションズは2020年11月19日、クラウド型の仮想デスクトップ「Amazon WorkSpaces」を、設定や運用のサポート込みで月額定額で利用できるサービス「クラウドVDI」を開始した。仮想デスクトップの利用料や通信料、運用費用などをまとめて定額で利用できる。価格(税別)は、初期設定費用が4万円から。利用料金は定額制で、基本料金が月額2万円で、仮想デスクトップ1台あたり月額1万円から。販売目標は、2022年までに100社。

PAGE TOP