[新製品・サービス]

インテック、EDI2024年問題の対策サービスを順次開始、閉域モバイル網やTLSゲートウェイなど

2020年12月8日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インテックは2020年12月8日、ISDNの代わりとなる閉域モバイル通信サービスや、全銀TCP/IP手順にSSL/TLS暗号機能を追加するゲートウェイなど、3つの新しいEDI(電子データ交換)関連サービスを発表した。2021年4月から順次提供する。

 2024年1月に、INSネット(ISDN)のサービスが終了し、電話網がIP化する。これにともない、これらに依存していた既存のEDI(電子データ交換)システムが使えなくなる。この“EDI2024年問題”への対策として、企業は既存のEDIのネットワーク基盤を置き換える必要がある。

 インテックは、EDI2024年問題への対策となる、3つの新たなEDI関連ネットワークサービスを用意した(図1)。「AnserDATAPORT接続サービス」、「閉域IP網ネットワークサービス(モバイル)」、「TLSアクセラレータ」である。

図1:EDI2024年問題への対策となるEDI関連ネットワークサービスを提供する(出典:インテック)図1:EDI2024年問題への対策となるEDI関連ネットワークサービスを提供する(出典:インテック)
拡大画像表示

 AnserDATAPORT接続サービスは、NTTデータが提供するファイル伝送サービス「AnserDATAPORT」への接続サービスである。AnserDATAPORTは、企業と金融機関の取引を実現するサービスで、金融機関が採用を予定している。

 閉域IP網ネットワークサービス(モバイル)は、MVNOのLTE網で閉域網に接続できる、モバイル通信サービスである。インターネットを使ったEDIへの移行が困難なユーザーに向けて提供する。

 TLSアクセラレータは、既存の全銀TCP/IP手順システムにSSL/TLS暗号機能を追加するゲートウェイである。全銀TCP/IP手順システムの変更を最小限に抑えつつ、インターネットEDIである全銀TCP/IP手順・広域IP網に接続できる。パートナー企業との協業によって提供する。

関連キーワード

インテック / EDI

関連記事

Special

-PR-

インテック、EDI2024年問題の対策サービスを順次開始、閉域モバイル網やTLSゲートウェイなどインテックは2020年12月8日、ISDNの代わりとなる閉域モバイル通信サービスや、全銀TCP/IP手順にSSL/TLS暗号機能を追加するゲートウェイなど、3つの新しいEDI(電子データ交換)関連サービスを発表した。2021年4月から順次提供する。

PAGE TOP