開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

CitrixとAutomation Anywhereが連携、任意のアプリケーション操作を簡便に実行可能に

2020年12月16日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

オートメーション・エニウェア・ジャパンとシトリックス・システムズ・ジャパンは2020年12月16日、定型業務を自動化しやすくするため、互いのサービスをAPIで連携させたと発表した。Citrix Workspaceの一機能でアプリケーションを簡便に操作できる「マイクロアプリ」から、RPAソフトウェア「Automation Anywhere Enterprise A2019」を利用できるようにした。これにより、マイクロアプリが標準で操作できないソフトウェアについても、マイクロアプリから操作できるようになる。

 オートメーション・エニウェア・ジャパンとシトリックス・システムズ・ジャパンは、互いのサービスをAPIで連携させた(図1)。「Citrix Cloud」と「Automation Anywhere クラウド」が連携する形になる。これにより、Citrix Workspaceの一機能でアプリケーションを簡便に操作できる「マイクロアプリ」の背後で、RPAソフトウェアであるAutomation Anywhereを利用できるようになった。

図1:Citrix Workspaceの「マイクロアプリ」とRPAソフトウェア「Automation Anywhere Enterprise A2019」を連携させた。定型業務を自動化しやすくなった(出典:オートメーション・エニウェア・ジャパン、シトリックス・システムズ・ジャパン)図1:Citrix Workspaceの「マイクロアプリ」とRPAソフトウェア「Automation Anywhere Enterprise A2019」を連携させた。定型業務を自動化しやすくなった(出典:オートメーション・エニウェア・ジャパン、シトリックス・システムズ・ジャパン)
拡大画像表示

 マイクロアプリは、Excelや業務アプリケーションなどの既存のアプリケーションを、簡便に操作できる機能である。Excelや業務アプリケーションの画面を開いてアプリケーションを操作したりデータを入力したりしなくても、外部に作成したマイクロアプリのUIから、これらの操作ができる。これにより例えば、スマートフォンからExcelにデータを入力できる。毎日利用する定型作業をマイクロアプリ化しておくことで、生産性が上がる。

 今回、マイクロアプリとRPAソフトウェアのAutomation Anywhereを連携させた。これにより、マイクロアプリが標準で操作できないソフトウェアについても、マイクロアプリから操作できるようになった。マイクロアプリの背後で、RPAソフトウェアがアプリケーション操作やデータ入力などを実行する。RPAソフトウェアから見ると、マイクロアプリをフロントエンドに置くことで、マルチデバイスから簡便な形で業務を遂行できるようになる。

関連キーワード

Automation Anywhere / Citrix Workspace / 協業・提携 / Citrix

関連記事

Special

-PR-

CitrixとAutomation Anywhereが連携、任意のアプリケーション操作を簡便に実行可能にオートメーション・エニウェア・ジャパンとシトリックス・システムズ・ジャパンは2020年12月16日、定型業務を自動化しやすくするため、互いのサービスをAPIで連携させたと発表した。Citrix Workspaceの一機能でアプリケーションを簡便に操作できる「マイクロアプリ」から、RPAソフトウェア「Automation Anywhere Enterprise A2019」を利用できるようにした。これにより、マイクロアプリが標準で操作できないソフトウェアについても、マイクロアプリから操作できるようになる。

PAGE TOP