[新製品・サービス]

創夢、NTT ComのソフトウェアルーターKamueeに保守サービスを付加した「Eenow」を販売

2020年12月17日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

創夢は2020年12月17日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が開発した高速ソフトウェアルーター「Kamuee(カムイー)」に保守サービスを付加した商用サービス「Eenow(イナウ)」を発表した。同年12月28日から商用サービスとして提供する。最初の顧客として、同日から岡山理科大学が学内ネットワークに導入する。

 創夢の「Eenow(イナウ)」は、汎用のPCサーバーで動作するソフトウェアルーター機能でありながら、ルーターの経路検索の処理を高速化することによって、100GbE(100Gbit/秒)クラスの高速通信を可能にした製品。多数の経路情報を持った大容量通信において、PCサーバーが搭載する一般的なCPUを使って、ルーター専用機と同等以上の性能が出せるとしている。

 Eenowのベースは、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が開発したソフトウェアルーター「Kamuee(カムイー)」である(写真1)。NTT Comは、高速ソフトウェアルーターの商用サービス化を目指し、創夢とKamueeのソフトウェア使用許諾契約を締結。創夢はKamueeに保守サービスを付加して商用サービスとして提供する(関連記事NTT Com、100GbEのソフトウェアルーター、全経路をCPUキャッシュに搭載)。

写真1:Interop Tokyo 2018に展示した「Kamuee(カムイー)」(出典:NTTコミュニケーションズ)写真1:Interop Tokyo 2018に展示した「Kamuee)」(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 Eenowの最初の顧客として、2020年12月28日から、岡山理科大学が学内ネットワークに導入する。同大学は、インターネット上のすべての経路情報を高速に処理できる高機能で安価なコアルーターの導入を検討していた。2018年10月から、学内ネットワークの一部にKamueeを導入する検証を開始し、段階的に導入の範囲を広げ、実用性の検証を行ってきた。

 結果、IPv4/IPv6デュアルスタックのフルルートを扱うことができることと、安定的に運用できることを確認できた。これを受けて今回、Kamueeに保守サービスを付加したEenowの導入を決めた。

 創夢は今後、企業情報システム分野などに対してEenowを販売していく。NTT Comは、フルルート処理能力の向上や、ACL(アクセス制御リスト)の実装、セキュリティ機能の向上など、Kamueeの機能拡充を進める。

関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / Kamuee / 創夢 / Eenow / ソフトウェアルーター / ルーター / 岡山理科大学

関連記事

Special

-PR-

創夢、NTT ComのソフトウェアルーターKamueeに保守サービスを付加した「Eenow」を販売創夢は2020年12月17日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が開発した高速ソフトウェアルーター「Kamuee(カムイー)」に保守サービスを付加した商用サービス「Eenow(イナウ)」を発表した。同年12月28日から商用サービスとして提供する。最初の顧客として、同日から岡山理科大学が学内ネットワークに導入する。

PAGE TOP