[調査・レポート]

在宅勤務の影響でRPAの主用途が「データ転記」へと後戻り─ノークリサーチ

中堅・中小企業でクラウドファーストの兆候、オンプレミスではHCIの導入が増加

2021年1月6日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ノークリサーチは2021年1月6日、中堅・中小企業のIT活用に関する見解を発表した。インフラ基盤、業務アプリケーション、サービスの3つの観点ごとに動向をまとめた。例えば、テレワークの影響でRPAの主用途が「データ転記」へと後戻りしている。また、中堅・中小企業でも「クラウドファースト」の兆候があるが、一方でHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)はオンプレミスのDX(デジタル変革)の基盤になる。

 ノークリサーチは、中堅・中小企業のIT活用に関する見解を発表した。インフラ基盤、業務アプリケーション、サービスの3つの観点ごとに、動向をまとめた。

 インフラ基盤については、まず、中堅・中小企業に対し、サーバー(オンプレミス/クラウド)の導入形態の現状と今後について、2020年の前後3年間の範囲で調査した(図1)。過去3年以内と今後3年以内のいずれにおいても、新規導入はクラウドがオンプレミスを上回っている。

図1:中堅・中小企業におけるサーバー(オンプレミス/クラウド)の導入形態(出典:ノークリサーチ)図1:中堅・中小企業におけるサーバー(オンプレミス/クラウド)の導入形態(出典:ノークリサーチ)
拡大画像表示

 今後3年以内におけるクラウドとオンプレミスのポイント差は、過去3年以内と比べて拡大している。したがって、新規システム構築でクラウドを選択肢に含める割合は、今後も増える。大企業だけでなく、中堅・中小企業においても「クラウドファースト」に向かう兆候が見られる。

デジタル変革の基盤としてHCIの導入が増える

 オンプレミスのサーバー市場では、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)の導入が増えている。単なるサーバー仮想化の手段としてだけでなく、新たなストレージ形態として、新規導入においては高い導入意向が見られる。

 図2は、2020年の前後3年間におけるサーバー導入(オンプレミス/クラウド双方)における課題を、HCIを導入済み/導入予定の場合で比較したものである。従来、HCIを早期に導入したユーザー企業からは「高い拡張性を持ったサーバー環境をオンプレミスで実現できない」ことを現状の課題として挙げる声が多く、この解決策としてHCIが選ばれていた。

図2:2020年の前後3年間におけるサーバー導入(オンプレミス/クラウド双方)における課題を、HCIを導入済み/導入予定の場合で比較した(出典:ノークリサーチ)図2:2020年の前後3年間におけるサーバー導入(オンプレミス/クラウド双方)における課題を、HCIを導入済み/導入予定の場合で比較した(出典:ノークリサーチ)
拡大画像表示

 調査結果からも、「必要な時にデータ容量を増強できない」、「必要な時に性能を即座に増強できない」といった項目の回答割合は高く、拡張性の課題を解決する手段として、引き続きHCIが選ばれている状況が見られる。

 一方で、「サーバー稼動開始までに長い期間を要する」、「可用性を高めるための費用負担が大きい」、「古いサーバー環境を更新/刷新できない」といった項目における全体との差は、さらに大きい。

 今後は、「シンプルな構成であるため、サーバー環境を迅速に構築できる」、「サーバー機器のみによる分散型の構成であるため、可用性を維持するための費用を抑えやすい」、「シンプルかつ分散型の構成はサーバー環境の更新/刷新においてもプラスに働く」といったメリットからHCIを選ぶユーザーが増える。

 HCIのこうした利点は、新たなビジネスの創造に求められる迅速性や可用性と合致する。依然としてオンプレミスが多いERPを中核に、デジタル変革に向けた取り組みが活発となった場合には、HCIの普及が進むと予想できる。

 なお、HCIを導入するユーザーが常にオンプレミス環境を選ぶとは限らない。今後の方針/ニーズを聞いたところ、HCIを選ぶユーザー企業は「今後のアプリケーション開発ではクラウド上の運用を前提とする」や「サーバーレス/PaaSなどサーバーを意識しないシステム構成を選ぶ」の割合が高く、クラウド活用にも意欲的であることが分かる。

●Next:RPAが新規需要を喚起できていない要因

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

ノークリサーチ / テレワーク / 在宅勤務 / HCI / 中堅・中小企業 / IT投資 / 市場調査

関連記事

Special

-PR-

在宅勤務の影響でRPAの主用途が「データ転記」へと後戻り─ノークリサーチノークリサーチは2021年1月6日、中堅・中小企業のIT活用に関する見解を発表した。インフラ基盤、業務アプリケーション、サービスの3つの観点ごとに動向をまとめた。例えば、テレワークの影響でRPAの主用途が「データ転記」へと後戻りしている。また、中堅・中小企業でも「クラウドファースト」の兆候があるが、一方でHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)はオンプレミスのDX(デジタル変革)の基盤になる。

PAGE TOP