[新製品・サービス]

NTTPC、リモートワークを支援するパッケージサービス「Secure Access Gateway」

2021年2月9日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTPCコミュニケーションズは2021年2月9日、中堅・中小企業のリモートワークを支援することを目的に、ネットワークサービス機能やセキュリティ機能をパッケージ化して提供する「Secure Access Gateway」を発表した。SD-WANなどのネットワークサービスにURLフィルタリングなどのセキュリティ機能を合わせ、管理用のダッシュボードとともに提供する。セキュリティ機能は、2021年3月から順次提供する。

 Secure Access Gatewayは、中堅・中小企業のリモートワークを支援することを目的に、ネットワークサービス機能やセキュリティ機能をパッケージ化して提供するサービスである。SD-WANなどのネットワークサービスにURLフィルタリングなどのセキュリティ機能を合わせ、管理用のダッシュボードとともに提供する(図1)。

図1:Secure Access Gatewayの概要(出典:NTTPCコミュニケーションズ)図1:Secure Access Gatewayの概要(出典:NTTPCコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 ベースとなる各種のネットワークサービスは、すでに提供済みである。インターネット接続サービスの「InfoSphere」、リモートアクセスサービスの「リモートアクセス」、本社を介さずに直接インターネットを介してSaaSにアクセスするインターネットブレイクアウトを容易に運用できるSD-WANサービスの「Master'sONE CloudWAN」、――といったサービス群である。

 これらのネットワークサービス群に、各種のセキュリティ機能を組み合わせて利用できる。URLフィルタリング機能を提供する「DNSセキュリティ」(2021年3月提供)、ID管理/SSO(シングルサインオン)機能を提供する「ID運用管理」(2021年度上期に提供)、SaaSをゲートウェイを介して安全に利用できるようにする「セキュアWebゲートウェイ」(2021年度下期に提供)、――の3つを用意した。

 管理用ダッシュボード「ダッシュボード」も提供する。ネットワーク機能とセキュリティ機能の申し込みや管理ができる。担当者は、高度な専門知識を必要とせずに、直感的な操作で、セキュリティ機能とネットワーク機能を管理できるとしている。

 価格(税別)は、以下の通り。セキュリティ機能の「DNSセキュリティ」は、1ユーザーあたり月額600円。ネットワークアクセス機能(提供中)は、「リモートアクセス」が1IDあたり月額1000円、SD-WANが拠点あたり月額1万7000円。マネージメント機能のダッシュボードは無料。サービスは3~5営業日で導入できるとしている。

関連キーワード

NTTPCコミュニケーションズ / リモートワーク / SD-WAN

関連記事

Special

-PR-

NTTPC、リモートワークを支援するパッケージサービス「Secure Access Gateway」NTTPCコミュニケーションズは2021年2月9日、中堅・中小企業のリモートワークを支援することを目的に、ネットワークサービス機能やセキュリティ機能をパッケージ化して提供する「Secure Access Gateway」を発表した。SD-WANなどのネットワークサービスにURLフィルタリングなどのセキュリティ機能を合わせ、管理用のダッシュボードとともに提供する。セキュリティ機能は、2021年3月から順次提供する。

PAGE TOP