[新製品・サービス]

NTTデータ先端技術、Oracle Database基盤をハイブリッド型で構築するSIサービスを提供

2021年2月10日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ先端技術は2021年2月10日、Oracle Databaseをハイブリッドクラウド型で提供するシステム基盤サービス「AXIASTA(アクシアスタ) Hybrid Platform」を発表した。同日提供を開始した。NTTデータ先端技術のエンジニアがシステム基盤の設計、構築、運用、監視までを総合的に支援する。

 AXIASTA Hybrid Platformは、Oracle Databaseをハイブリッドクラウド型で提供するシステム基盤サービスである(図1)。オンプレミス環境やパブリッククラウド環境、プライベートクラウド環境などを組み合わせ、システム要件に合ったOracle Databaseのシステム基盤を構築する。

図1:AXIASTA Hybrid Platformの製品構成(出典:NTTデータ先端技術)図1:AXIASTA Hybrid Platformの製品構成(出典:NTTデータ先端技術)
拡大画像表示

 導入効果の1つは、システムを集約・統合することによるITコストの削減である。集約・統合基盤として、「Oracle Exadata Database Machine」、「Oracle Exadata Cloud@Customer(ExaCC)」、「Oracle Exadata Cloud Service(ExaCS)」、「Oracle Private Cloud Appliance(PCA)」を利用できる。

 BCP対策にも利用できる。オンプレミスのシステムを遠隔地のクラウドでバックアップしたり、クラウド上のバックアップデータを複数のクラウドリージョンで2重に管理したりできる。災害などを想定したBCP(事業継続計画)対策の一環として、ユーザー要件に合わせたシステム構成がとれる。

 運用面では、24時間365日のシステム監視、突発的なトラブル対応など、システム運用で生じる負荷を軽減するサービスを提供する。各種アセスメントサービスとして、データベースの運用状況の診断、セキュリティ面の脆弱性診断など、急なトラブルの発生低減を支援する。

関連キーワード

NTTデータ先端技術 / Oracle Database / Oracle Cloud

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ先端技術、Oracle Database基盤をハイブリッド型で構築するSIサービスを提供NTTデータ先端技術は2021年2月10日、Oracle Databaseをハイブリッドクラウド型で提供するシステム基盤サービス「AXIASTA(アクシアスタ) Hybrid Platform」を発表した。同日提供を開始した。NTTデータ先端技術のエンジニアがシステム基盤の設計、構築、運用、監視までを総合的に支援する。

PAGE TOP