[新製品・サービス]

ブレイン・ゲート、WinActor運用の課題を見つけて改善策を提示するサービスを提供

2021年3月3日(水)IT Leaders編集部

ブレイン・ゲートは2021年3月2日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェアの「WinActor」を運用しているユーザーに向けて、運用上の課題を見つけて改善点を指摘するサービス「WinActor診断サービス(セカオピ)」を発表した。

 WinActor診断サービス(セカオピ)は、RPAソフトウェアのWinActorを運用しているユーザーに向けて、WinActorの運用上の課題を見つけて改善点を指摘するサービスである(図1)。WinActorの効果が芳しくないと感じているユーザーを支援する。

図1:WinActor診断サービス(セカオピ)の流れ(出典:ブレイン・ゲート)図1:WinActor診断サービス(セカオピ)の流れ(出典:ブレイン・ゲート)

 サービスでは、ユーザー企業への事前アンケートの内容を基に、オンラインで活用状況の詳細をヒアリングする。Web会議システムのZoomまたはTeamsを使用する(希望のツールがある場合は、別途対応する)。

 その後、ヒアリングによって洗い出した課題をまとめ、各課題への改善案を報告書で提示する。

 背景には、RPAを効果的に活用していくためには、課題の追究と対策を行っていくことが重要だという状況がある。

関連キーワード

ブレイン・ゲート / WinActor

関連記事

Special

-PR-

ブレイン・ゲート、WinActor運用の課題を見つけて改善策を提示するサービスを提供ブレイン・ゲートは2021年3月2日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェアの「WinActor」を運用しているユーザーに向けて、運用上の課題を見つけて改善点を指摘するサービス「WinActor診断サービス(セカオピ)」を発表した。

PAGE TOP