開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ニフクラとFJcloud-V、GitLabのマネージドサービス「DevOps」のベータ版を提供開始

2021年3月26日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通クラウドテクノロジーズは2021年3月24日、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」および「FJcloud-V」において、バージョン管理システム「GitLab」をマネージド型で提供するサービス「DevOps」のベータ版「DevOps(β)」を提供すると発表した。同日、申し込みの受付を開始した。ベータ版として無償で提供する。

 DevOps(β)は、DevOps環境として、ユーザー専用のGitLabサーバー環境をマネージド型で提供するサービスである(図1)。ニフクラおよびFJcloud-Vのコントロールパネルから、簡単かつ迅速に専用のDevOps環境を手に入れられる。マネジメント用の機能を用いて、運用を省力化できる。

図1:「DevOps(β)」サービスの利用イメージ(出典:富士通クラウドテクノロジーズ)図1:「DevOps(β)」サービスの利用イメージ(出典:富士通クラウドテクノロジーズ)

 富士通クラウドテクノロジーズは、2014年からGitLab製品を自社内のDevOpsツールとして採用し、ユーザー向けのサービスや社内業務システムの開発・運用に活用してきた。これら自社内の開発・運用で培ったノウハウを基に、GitLabのマネージドサービスを開発した。

 なお、ニフクラでは、複数プロジェクトの管理が必要な組織に向けて、DevOps(β)よりも高度な機能を備えたGitLabのソフトウェア「GitLab Enterprise Edition」も販売している。PremiumとUltimateの2つのライセンスプランがある。10ユーザー単位の年間ライセンスとして購入できる。

 GitLab Enterprise Editionの価格(税別)は、下位版のPremiumが10ユーザーで年額35万160円。上位版のUltimateが10ユーザーで年額175万80円。上位版のUltimateでは、複数プロジェクト管理に加えて、セキュリティやコンプライアンス管理、コンテナ連携などの機能を強化している。

関連キーワード

富士通クラウドテクノロジーズ / GitLab / ニフクラ / FJcloud-V / マネージドサービス

関連記事

Special

-PR-

ニフクラとFJcloud-V、GitLabのマネージドサービス「DevOps」のベータ版を提供開始富士通クラウドテクノロジーズは2021年3月24日、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」および「FJcloud-V」において、バージョン管理システム「GitLab」をマネージド型で提供するサービス「DevOps」のベータ版「DevOps(β)」を提供すると発表した。同日、申し込みの受付を開始した。ベータ版として無償で提供する。

PAGE TOP