[事例ニュース]

静岡銀行、クラウド名刺管理サービス「Sansan」を全行導入

2021年4月16日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

静岡銀行は、クラウド名刺管理サービス「Sansan」を全行導入した。あわせて、オンライン名刺機能の利用も開始した。静岡銀行は、人脈情報の可視化と、行員同士の情報共有によって、コンサルティング営業を強化する。Sansanが2021年4月16日に発表した。

 静岡銀行(本店:静岡県静岡市)がクラウド名刺管理サービス「Sansan」を全行で導入した。合わせて、オンライン名刺機能の利用も開始した。人脈情報を銀行全体で管理して可視化する。行員同士の情報共有とコミュニケーションも促進する。

 静岡銀行は現在、スマートフォンを活用した金融サービスの拡充に取り組んでいる。さらに、営業店との顧客情報の連携や、情報の利活用に注力している。こうした活動を、クラウド名刺管理サービスで後押しする。

 クラウド名刺管理サービスを活用することで、「銀行内の誰が、いつ、コンタクトしたことがあるのか」という接点情報を、人物別に時系列で把握できる。また、各種のチャネルで収集した顧客情報をデータとして集約できるようになったことで、デジタルマーケティングにも役立てていくとしている。

関連キーワード

静岡銀行 / Sansan / 地方銀行 / 名刺管理 / テレワーク / 静岡県 / 金融

関連記事

Special

-PR-

静岡銀行、クラウド名刺管理サービス「Sansan」を全行導入静岡銀行は、クラウド名刺管理サービス「Sansan」を全行導入した。あわせて、オンライン名刺機能の利用も開始した。静岡銀行は、人脈情報の可視化と、行員同士の情報共有によって、コンサルティング営業を強化する。Sansanが2021年4月16日に発表した。

PAGE TOP