[新製品・サービス]

大塚商会、リモートアクセスサービス「どこでもコネクト」を強化、帯域上限撤廃やDNSセキュリティなど

2021年5月17日(月)IT Leaders編集部

大塚商会は2021年5月14日、リモートアクセスサービス「たよれーる どこでもコネクト」を強化した。通信帯域上限を撤廃した「どこでもコネクトラインインターネット利用タイプ ウルトラハイスピード」と、DNSセキュリティ機能を備えた「どこでもコネクトリモートプレミアInternet Secure Accessオプション」の提供を開始した。

 大塚商会の「たよれーる どこでもコネクト」は、物理的な閉域網や仮想専用線を用いて、安全なプライベートクラウド環境を安価・手軽に構築できるサービスである。

 今回提供開始する「どこでもコネクトラインインターネット利用タイプ ウルトラハイスピード」は、ユーザーと大塚商会のデータセンターをつなぐインターネット接続帯域について、従来の帯域上限(通信帯域の最大値を10Mbpsまたは80Mbpsで制限)を撤廃する(図1)。高速に通信できる機器をユーザーサイトに設置することで、通信環境を高速化できる。

図1:「どこでもコネクトリモートプレミア」と「同Internet Secure Accessオプション」の概要(出典:大塚商会)図1:「どこでもコネクトリモートプレミア」と「同Internet Secure Accessオプション」の概要(出典:大塚商会)
拡大画像表示

 1拠点あたりの価格(税別、以下同)は、初期費用(どこでもコネクトボックスの購入・設置費用)が14万円で、月額費用が1万8000円である。

 「どこでもコネクトリモートプレミアInternet Secure Accessオプション」は、DNSセキュリティ機能である。これまでも2要素認証やシンクライアントオプションを提供してきたが、業務用PCを持ち出して安全に利用できるように、DNSセキュリティ機能を追加した。危険なサイトのIPアドレスを教えないことによって、危険なサイトへのアクセスを防止する。Web会議など必要なアプリケーションに限って利用させる使い方もできる。接続先リストなどの設定は、大塚商会の専門スタッフが代行する。

 1端末あたりの価格は、月額600円である。なお、利用には別途、どこでもコネクトリモートプレミア(1IDあたり500円、最低で3IDから)の契約が必要である。

関連キーワード

大塚商会

関連記事

Special

-PR-

大塚商会、リモートアクセスサービス「どこでもコネクト」を強化、帯域上限撤廃やDNSセキュリティなど大塚商会は2021年5月14日、リモートアクセスサービス「たよれーる どこでもコネクト」を強化した。通信帯域上限を撤廃した「どこでもコネクトラインインターネット利用タイプ ウルトラハイスピード」と、DNSセキュリティ機能を備えた「どこでもコネクトリモートプレミアInternet Secure Accessオプション」の提供を開始した。

PAGE TOP