開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

量子アプリ開発環境のblueqat cloud、Amazon Braket経由で量子コンピュータ実機を使いやすく

2021年5月18日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

blueqatは2021年5月18日、量子コンピューティングのアプリケーションをWebブラウザ上で開発・実行できるクラウド型開発環境「blueqat cloud」を強化したと発表した。同年4月から利用可能になった「Amazon Braket」を介して、量子コンピュータの実機をクラウドサービスとして容易に使えるようにしている。

 blueqat(本社:東京都文京区)の「blueqat cloud」は、量子コンピューティングのアプリケーションをWebブラウザ上で開発・実行するためのクラウド型開発環境である(図1)。blueqatは2008年にMDRの社名で設立した量子コンピュータのクラウドサービスやAIの開発を手がける企業で、2020年に現在の社名に変更している

 blueqat cloudでは、Python言語用のライブラリを用意しており、Pythonで量子コンピューティングのアプリケーションを開発できる。また、クラウド上のアプリケーション開発環境としてJupyterLab(Jupyter Notebook)を利用している。

図1:blueqat cloudは、量子コンピューティングのアプリケーションプログラムをWebブラウザ上で開発して実行できるクラウド型の開発環境(出典:blueqat)図1:blueqat cloudは、量子コンピューティングのアプリケーションプログラムをWebブラウザ上で開発して実行できるクラウド型の開発環境(出典:blueqat)
拡大画像表示

 今回、blueqat cloudで開発するアプリケーション動作環境を強化し、量子コンピュータのシミュレータだけでなく、量子コンピュータの実機を使いやすくしている。具体的には、量子コンピュータの実機をクラウドで提供しているAmazon Braketと連携し、blueqat cloudから利用できるようにした。これまでも各社の量子コンピュータの実機をそれぞれ契約して使うことができていたが、Amazon Braketによって、より利用がしやすくなっている。

 Amazon Braketは、量子コンピュータの実機をクラウドサービスとして利用可能にする(関連記事量子コンピュータをAWSで利用できる「Amazon Braket」、まずは3社のマシンを利用可能)。現状では、3社の量子コンピュータシステムを利用できる。カナダのD-Wave Systemsが開発した量子アニーリングマシン、米IonQが開発した量子ゲート型(イオントラップ型)システム、米Rigetti Computingが開発した量子ゲート型(超電導チップ型)システムである。

 blueqat cloudの利用により、量子コンピュータシステムのハードウェアに依存せずにアプリケーションが実行可能になる(図2)。まず、量子ゲート方式アプリケーションを、米IonQと米Rigetti Computingの実機の両方で動作させることを実現している。さらに、量子アニーリング方式アプリケーションを量子ゲート方式のアプリケーションに変換して動作させることも可能にしている。

図2:blueqat cloudを使うと、量子コンピュータのデバイスに依存せずにアプリケーションを実行できる(出典:blueqat)図2:blueqat cloudを使うと、量子コンピュータのデバイスに依存せずにアプリケーションを実行できる(出典:blueqat)
拡大画像表示

●Next:blueqat cloudおよび同サービスでのAmazon Braketの料金体系

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

blueqat / Amazon Braket / 量子コンピュータ / 量子アニーリング / 量子ゲート / AWS / D-Wave Systems / IonQ

関連記事

Special

-PR-

量子アプリ開発環境のblueqat cloud、Amazon Braket経由で量子コンピュータ実機を使いやすくblueqatは2021年5月18日、量子コンピューティングのアプリケーションをWebブラウザ上で開発・実行できるクラウド型開発環境「blueqat cloud」を強化したと発表した。同年4月から利用可能になった「Amazon Braket」を介して、量子コンピュータの実機をクラウドサービスとして容易に使えるようにしている。

PAGE TOP