[新製品・サービス]

日立、基幹システムの迅速なクラウド移行を支援するサービス、バックアップツールのVeeamを活用

2021年5月31日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2021年5月31日、オンプレミスで稼働している基幹系システムをパブリッククラウドにそのまま載せ替えるサービス「仮想マシン移行ソリューション」を発表した。同日提供を開始した。クラウド移行ツールとして、スイスVeeam Softwareのデータバックアップ/レプリケーションソフトウェアを採用している。価格(税別)は個別見積もりとなっている。

 日立製作所の「仮想マシン移行ソリューション」は、オンプレミスで稼働している基幹システムをパブリッククラウドにそのまま載せ替えるサービスである(図1)。日立のエンジニアが、移行手順書の作成や実際の移行作業を代行する。

図1:「仮想マシン移行ソリューション」により、クラウドへのリフト&シフトに要する作業時間を短縮できる(出典:日立製作所)図1:「仮想マシン移行ソリューション」により、クラウドへのリフト&シフトに要する作業時間を短縮できる(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 特徴は、データバックアップ/レプリケーションソフトウェアを活用して、移行に要する時間を短縮する点である。同社によると、10台規模の仮想マシンで構成するWebシステムやデータベースの場合の移行工数を約40%削減できるという。

 スイスVeeam Softwareのデータバックアップ/レプリケーションソフトウェアを利用する。これにより、移行作業における仮想マシンデータの変換やファイル転送といった作業を自動化する(関連記事バックアップソフトのVeeam、新版v11でCDPやデータベースの即時リカバリが可能に)。

 大きく3つのサービスで構成する。「移行環境設計支援サービス」では、ユーザーへのヒアリングによって、移行要件を満たす移行方法を提案する。「構築作業支援サービス」では、移行手順書の作成など移行環境の設定と構築を支援する。「移行作業支援サービス」では、実際に移行操作を支援する。

 サービス投入の背景として日立は、ユーザー企業の多くがパブリッククラウドと互換性がないサーバー仮想化ソフトウェアを利用している状況を挙げる。「パブリッククラウドへの移行に伴い、仮想マシンイメージやアプリケーションの再構築などが必要になるという課題があった」(同社)

関連キーワード

日立製作所 / Veeam Software / クラウド移行

関連記事

Special

-PR-

日立、基幹システムの迅速なクラウド移行を支援するサービス、バックアップツールのVeeamを活用日立製作所は2021年5月31日、オンプレミスで稼働している基幹系システムをパブリッククラウドにそのまま載せ替えるサービス「仮想マシン移行ソリューション」を発表した。同日提供を開始した。クラウド移行ツールとして、スイスVeeam Softwareのデータバックアップ/レプリケーションソフトウェアを採用している。価格(税別)は個別見積もりとなっている。

PAGE TOP