[新製品・サービス]

クニエ、新規ビジネス創出に向けた人材育成サービスを提供

2021年6月1日(火)IT Leaders編集部

クニエは2021年6月1日、新規ビジネスの創出に向けた実践型人材育成サービスを開始した。第1弾として、クニエのコンサルタントが企画検討に伴走する「新規ビジネス創出研修サービス」を開始した。価格(税別)は75万円からで、要望に応じてサービス内容をカスタマイズできる。

 クニエは、新規ビジネスを創るコツや力を育てる、実践型の研修サービスを開始した(図1)。クニエがこれまで提供してきた新規ビジネス創出のコンサルティングや人材育成サービスを通じて得た知見に基に開発した。研修を通じて、受講者みずからが企画を立て、自社の特性やビジネス環境、関連部門などの調整を考慮しながら成熟させ、事業化判断プロセスへ持ち込めるようにする。

図1:研修サービス「新規ビジネス創出研修サービス」の概要(出典:クニエ)図1:研修サービス「新規ビジネス創出研修サービス」の概要(出典:クニエ)
拡大画像表示

 「研修サービス」と「伴走支援サービス」(今後提供予定)の2つのサービスで構成する。「新規ビジネスを企画できる人材」を育成するだけでなく、企画の立案やビジネスの立ち上げにおいて必要になる、関連部門やビジネスパートナーとの関わり方といったノウハウを身に付けられるとしている。

 第1弾の「研修サービス」では、受動的に講義を受けるのではなく、能動的に考えるスタイルを採用する。受講者本人が考え方を体得することで、企画を推進できる人材を育成する。受講者は、研修前に新規ビジネス企画の素案を検討し、研修を通じて成熟させる。これにより、経営層に提案できる品質にまで引き上げる。研修サービスのカリキュラムは、新規事業の企画書に盛り込むべき項目を網羅している。

 研修サービスの対象者として、新規ビジネスの立ち上げを目指す組織の若手メンバー複数名を想定している。参加人数は、1企業内で4~12人程度(集合型)。顧客企業のオフィス会議室での実施を基本とする(オンラインや外部会議室での実施も可)。実施日数は、1日あたり午前2時間と午後3時間で、合計3日間である。

 研修では、新規ビジネス企画の作り方、マインドの持ち方を講義し、事前に準備した持ち込みの企画をブラッシュアップする。新規ビジネス企画・推進の基本的な考え方やマインドを把握できるようになる。

 サービス投入の背景として同社は、新規事業を創造して市場に浸透させるためには、書籍や既存の研修サービスで学べる方法論やアイデア発想法などの表面的な知識だけでは難しいこと、事業の立ち上げにはより実践的なノウハウが必要になることを挙げる。

関連キーワード

クニエ / コンサルティング / 人材育成

関連記事

Special

-PR-

クニエ、新規ビジネス創出に向けた人材育成サービスを提供クニエは2021年6月1日、新規ビジネスの創出に向けた実践型人材育成サービスを開始した。第1弾として、クニエのコンサルタントが企画検討に伴走する「新規ビジネス創出研修サービス」を開始した。価格(税別)は75万円からで、要望に応じてサービス内容をカスタマイズできる。

PAGE TOP