開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ペガジャパン、ローコード開発機能を強化した「Pega Infinity 8.6」、UIの開発を容易に

2021年7月7日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米Pegasystemsの日本法人、ペガジャパンは2021年7月7日、BPM/CRMプラットフォーム「Pega Infinity」の新版「Pega Infinity 8.6」を発表した。新版ではローコード開発ツールの機能を拡充し、UIを容易に開発する機能、AIモデルによる意思決定、複数のSaaSにまたがって優先度の高いタスクを一覧表示するToDoリスト機能などを追加している。新機能群は2021年第2四半期に提供済みである。

 ペガジャパンの「Pega Infinity」は、BPM(ビジネスプロセス管理)およびその自動化、CRM/営業支援を中核にしたBPM/CRMプラットフォームである。ローコード開発ルールも提供する(画面1関連記事BPM兼開発ツールのPegasystems、金融やサービス業を中心に国内ユーザー拡大)。

図1:Pega Infinityのアプリケーション開発画面(出典:ペガジャパン)画面1:Pega Infinityのアプリケーション開発画面(出典:ペガジャパン)
拡大画像表示

 新版の「Pega Infinity 8.6」では、ローコード開発ツールの機能を拡充している。新機能として、UIを容易に開発するための機能が加わった(図1)。アプリケーションを開発する業務ユーザーは、バックエンドプロセスだけでなく、見栄えが良く操作性が高いフロントエンド画面も自らローコードで開発できるようになった。フロントエンド画面のUIフレームワーク「Pega Cosmos Design System」を刷新し、新たにJavaScriptライブラリの1つである「React」をベースとしている。

図2:フロントエンド画面のUIフレームワーク「Pega Cosmos Design System」を刷新し、新たにReactベースにした(出典:ペガジャパン)図1:フロントエンド画面のUIフレームワーク「Pega Cosmos Design System」を刷新し、新たにReactベースにした(出典:ペガジャパン)
拡大画像表示

 Pega Cosmos Design System以外のUIフレームワーク(Angularなど)を用いた開発を容易にする機能も拡充している。PegaのUI画面の機能にアクセスするためのAPIを拡充し、画面のロジックを定義するバックエンドシステム側で、例えばラジオボタンの選択肢などの項目を更新した際、フロントエンド画面のコードを書き換えることなく追随できるようにしている。

●Next:イベント処理フローにAIを組み込める「Pega Process AI」

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Pega Infinity / Pegasystems / BPM / CRM / ローコード

関連記事

Special

-PR-

ペガジャパン、ローコード開発機能を強化した「Pega Infinity 8.6」、UIの開発を容易に米Pegasystemsの日本法人、ペガジャパンは2021年7月7日、BPM/CRMプラットフォーム「Pega Infinity」の新版「Pega Infinity 8.6」を発表した。新版ではローコード開発ツールの機能を拡充し、UIを容易に開発する機能、AIモデルによる意思決定、複数のSaaSにまたがって優先度の高いタスクを一覧表示するToDoリスト機能などを追加している。新機能群は2021年第2四半期に提供済みである。

PAGE TOP