[新製品・サービス]

PC内蔵カメラによる顔認証で社内外のシステムにアクセス─日立Solの「Biometric Signature」

2021年7月14日(水)IT Leaders編集部

日立ソリューションズは2021年7月14日、PC内蔵カメラを使った顔認証で社内外のシステムにアクセスできるサービス「Biometric Signature サインインソフトウェア」を発表した。同年7月15日から販売する。認証サーバーとして、日立製作所のクラウドサービス「生体認証統合基盤サービス」や日立ソリューションズのソフトウェア「Biometric Signature Server」を組み合わせて使う。価格は、個別見積もり。

 日立ソリューションズの「Biometric Signature サインインソフトウェア」は、PC内蔵カメラを使った顔認証で社内外のシステムにアクセスできるサービスである。認証サーバーとして、日立製作所が提供するクラウド型の認証サービス「生体認証統合基盤サービス」(関連記事1)または日立ソリューションズのソフトウェア「Biometric Signature Server」(関連記事2)を使う。(図1)。

図1:「Biometric Signature サインインソフトウェア」と「生体認証統合基盤サービス」を組み合わせたサービスの利用イメージ(出典:日立ソリューションズ)図1:「Biometric Signature サインインソフトウェア」と「生体認証統合基盤サービス」を組み合わせたサービスの利用イメージ(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 Biometric Signatureの認証サーバーに、今回提供を開始したBiometric Signatureのサインインソフトウェアを組み合わせることで、社内システムやクラウド上の業務システムの認証手段を、PCの内蔵カメラを使った顔認証に一本化できる。顔認証だけで、Windowsへのサインインのほか、SAML連携によるSaaS型クラウドサービスへのログインなどができる。

 PCの内蔵カメラに顔を映すだけで認証を受けられるので、スマートデバイスやICカードなどの専用の認証装置やサーバーの導入が不要で、追加投資なしで生体認証を導入できる。認証サービスはクラウドサービスとして提供し、ユーザー数などの変更も柔軟に行える。生体情報をどこにも保管しないため、プライバシーの保護と生体認証によるセキュリティ強化を両立できるとしている。

 同社の試算では、サインイン方式をID/パスワードから、Biometric Signature サインインソフトウェアの顔認証に置き換えた場合に、年間で1人当たり4時間程度、従業員1000人の企業では企業全体で約4500時間程度の業務時間を削減できる。この結果は、従業員数や1日のパスワード入力頻度、パスワード変更・忘れ対策、初回の生体情報登録、生体認証失敗時の対応などのデータを用いて計算したという。

●Next:PKIと生体認証を融合させた日立独自のPBI(公開型生体認証基盤)を採用

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

日立ソリューションズ / PBI

関連記事

Special

-PR-

PC内蔵カメラによる顔認証で社内外のシステムにアクセス─日立Solの「Biometric Signature」日立ソリューションズは2021年7月14日、PC内蔵カメラを使った顔認証で社内外のシステムにアクセスできるサービス「Biometric Signature サインインソフトウェア」を発表した。同年7月15日から販売する。認証サーバーとして、日立製作所のクラウドサービス「生体認証統合基盤サービス」や日立ソリューションズのソフトウェア「Biometric Signature Server」を組み合わせて使う。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP