[新製品・サービス]

VMwareベースIT基盤の移行先に向くIaaS「IIJ GIO P2 Gen.2」、1vCPUの仮想リソース単位で契約

2021年9月15日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2021年9月15日、IaaS型クラウドサービス「IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2」を発表した。同年10月1日から提供する。オンプレミスのVMware環境からの移行先に特化している。サーバー仮想化ミドルウェアのVMware ESXi環境の単位で提供する従来型メニューに加え、VMware仮想サーバー単位で契約可能なメニューも用意した。

 IIJの「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」は、IaaS型クラウドサービスである。パブリッククラウドメニューの「パブリックリソース」のほかに、ユーザーごとに構築したサーバー仮想化ミドルウェア「VMware ESXi」環境やベアメタルサーバー環境をクラウドサービスとして提供する「プライベートリソース」を用意している。後者は、オンプレミスで運用中のVMware仮想化環境におけるリフト&シフト型の移行に向く。

 今回、IIJ GIO P2のサービス構成を刷新し、オンプレミスのVMware環境からの移行用途に特化したIaaSとして「IIJ GIO インフラストラクチャーP2 Gen.2」を提供する。

 GIO P2 Gen.2の内訳として、これまでIIJ GIO P2のプライベートリソースで提供してきたVMware ESXiの利用環境を、「デディケイテッドサーバリソース」の名称で提供する。これとは別に、新サービスとして、仮想サーバー単位で契約できる「フレキシブルサーバリソース」の名称で提供する(図1)。

図1:「IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2」の概要(出典:インターネットイニシアティブ)図1:「IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2」の概要(出典:インターネットイニシアティブ)
拡大画像表示

 フレキシブルサーバリソースの特徴は、VMware仮想サーバーの稼働環境として、vCPUやメモリー、ストレージといったクラウドリソースを一般的なパブリッククラウドのように柔軟に構成できる点にある。ユーザーは、動作させたいアプリケーションの規模に応じたリソースを確保できる。また、IaaSの利用により、サーバー仮想化ミドルウェアの運用管理を自前でしなくても済む。

 フレキシブルサーバリソースでは、契約したクラウドリソースの範囲内で、GIO P2 Gen.2の管理画面から仮想サーバーを作成する。最小構成は、サーバーが1vCPUで4GBメモリー、ブロックストレージ容量が10GB。別途、必要に応じて、オンプレミス環境からクラウド環境への移行ツール(仮想アプライアンス)や移行サービスを提供する。

 価格(税別)は、デディケイテッドサーバリソースが32コア、メモリー384GBのリソースで月額26万2000円から。フレキシブルサーバリソースが1vCPU、メモリー4GBの最小構成で、月額4500円から(1年契約時は月額3825円から、3年契約時は月額3240円から)となっている。

関連キーワード

IIJ GIO / VMware / リフト&シフト / クラウド移行 / IaaS / IIJ / VMware ESXi / オンプレミス

関連記事

Special

-PR-

VMwareベースIT基盤の移行先に向くIaaS「IIJ GIO P2 Gen.2」、1vCPUの仮想リソース単位で契約インターネットイニシアティブ(IIJ)は2021年9月15日、IaaS型クラウドサービス「IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2」を発表した。同年10月1日から提供する。オンプレミスのVMware環境からの移行先に特化している。サーバー仮想化ミドルウェアのVMware ESXi環境の単位で提供する従来型メニューに加え、VMware仮想サーバー単位で契約可能なメニューも用意した。

PAGE TOP