[市場動向]

塩野義製薬、グループのIT開発業務を日立医薬情報ソリューションズに移管

2021年10月4日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

塩野義製薬は2021年10月4日、シオノギグループのIT開発業務を、日立医薬情報ソリューションズに移管すると発表した。2022年1月を目途に、運用・保守および開発業務の委託を開始する。これに伴い、グループ会社のシオノギデジタルサイエンスでITシステムの運用・保守および一部の開発業務に携わる従業員が日立医薬情報ソリューションズに移籍する。

 塩野義製薬は、シオノギグループのIT開発業務を、日立医薬情報ソリューションズに移管する。2022年1月を目途に、運用・保守および開発業務の委託を開始する。これに伴い、シオノギデジタルサイエンスでITシステムの運用・保守および一部の開発業務に携わる従業員が、日立医薬情報ソリューションズに移籍する。

 狙いは、シオノギグループのIT戦略・企画およびIT全体のガバナンスを強化することである。なお、シオノギデジタルサイエンスの戦略・企画業務は、塩野義製薬に移管する。今回の合意に至る取り組みとしてシオノギグループは、デジタルやITを戦略的に活用した新たな価値創造に取り組むため、2021年7月に「DX推進本部」を塩野義製薬内に設立している。

 移管の背景について塩野義製薬は、デジタル技術による新たな創薬やデジタルアプリの開発が進展するなど、医薬品業界を取り巻く環境が急激に変化していることを挙げる。「また、新型コロナウイルス感染症拡大にともない、IoTやAIなどを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)のニーズや、業務や会社の垣根を越えた医薬品バリューチェーンの全体最適化に対するニーズが高まっている。こうした中、ITシステムの重要度が増している」(同社)。

関連キーワード

塩野義製薬 / 日立医薬情報ソリューションズ / シオノギデジタルサイエンス / 製薬 / 医療

関連記事

Special

-PR-

塩野義製薬、グループのIT開発業務を日立医薬情報ソリューションズに移管塩野義製薬は2021年10月4日、シオノギグループのIT開発業務を、日立医薬情報ソリューションズに移管すると発表した。2022年1月を目途に、運用・保守および開発業務の委託を開始する。これに伴い、グループ会社のシオノギデジタルサイエンスでITシステムの運用・保守および一部の開発業務に携わる従業員が日立医薬情報ソリューションズに移籍する。

PAGE TOP