[事例ニュース]

北海道ガス、RPAで12部門76業務を自動化、年間1万3000時間を削減

2021年10月15日(金)IT Leaders編集部

北海道ガスは、RPAソフトウェア「UiPath」を導入し、導入から1年半で12部門76業務を自動化、年間約1万3000時間の業務時間を削減した。同ソフトウェアを提供する米UiPathの日本法人、UiPathが2021年10月14日に発表した。

 北海道ガス(本社:北海道札幌市)は、働き方改革の一環として、2018年6月にRPAの導入に着手し、2019年3月に「UiPath」の導入を決定した。第1次導入部門として、年間30時間以上の削減効果を見込める業務を持つ10部門を選んだ。この10部門からユーザー開発者として12人を選出し、ユーザー教育とワークフロー開発、RPA運用ルールの作成を進め、2019年10月に本稼働を開始した。ワークフロー開発ツールには、同製品標準の「UiPath Studio」を使っている。

 同社ではこれまでに、電気の使用開始やガス工事などの顧客からの申し出のシステム登録、ガス機器修理統計などの集計業務など、さまざまな業務を自動化。初年度の2019年度は、13業務を自動化し、年間約2300時間の業務時間の削減を図っている。

 その後、利用部門とユーザー開発者を拡大し、2020年度には76業務を自動化した。同年度は、合計で1万3000時間超の業務時間削減を達成している。

 同社では、ワークフロー開発およびシステム管理の権限の一部を業務部門に持たせたことで、業務部門みずからRPA化業務を選定し、ワークフロー開発を行えるようになったという。

 今後、より多くの業務部門でワークフローを開発できるようにすることを目指す。プログラミング知識が不要で、ビジネスユーザーも短期間の学習で使える開発ツールとして「UiPath StudioX」の導入と展開を検討するという。

 北海道ガスは、グループ全体でRPA活用を推進していく方針を示している。すでにLPガス、ガス機器、灯油の販売を手がける北ガスジェネックスでの利用も開始した。北ガスジェネックスでは、社内システムとの親和性が高かったことから、導入当初からUiPath StudioXを採用し、業務部門でのワークフロー開発も推進している。2022年度までに、北ガスフレアスト、北ガスジープレックスの2社にも展開し、他のグループ会社にも拡大していく計画という。

関連キーワード

北海道ガス / UiPath / エネルギー / 北海道 / 札幌市

関連記事

Special

-PR-

北海道ガス、RPAで12部門76業務を自動化、年間1万3000時間を削減北海道ガスは、RPAソフトウェア「UiPath」を導入し、導入から1年半で12部門76業務を自動化、年間約1万3000時間の業務時間を削減した。同ソフトウェアを提供する米UiPathの日本法人、UiPathが2021年10月14日に発表した。

PAGE TOP