[新製品・サービス]

クラウド型EDI「セイコートラストEDIサービス」、請求書の送信/受信から保管までカバー

2021年11月8日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セイコーソリューションズは2021年11月8日、クラウド型EDIサービス「セイコートラストEDIサービス」を発表した。2022年1月から提供する。従来のEDIサービスにタイムスタンプ付与機能や長期保管の機能を追加した。請求書の送信/受信から保管までをカバーする。

 セイコーソリューションズの「セイコートラストEDIサービス」は、従来のEDIサービスにタイムスタンプによる電子契約・帳票配信機能と長期保管機能を追加したクラウドサービスである。請求書の送信/受信から保管までをカバーする。これまで郵送やファクスで行っていた請求業務を、基幹システムを改変することなく電子配信・電子契約に切り替えることができる。

図1:「セイコートラストEDIサービス」を用いた請求フロー(出典:セイコーソリューションズ)図1:「セイコートラストEDIサービス」を用いた請求フロー(出典:セイコーソリューションズ)
拡大画像表示

 図1はクラウドサービスの利用イメージである。サービス導入企業は、請求書データをクラウドにアップロードする。クラウド上で請求書データを保管し、取引先にメールで送付する。取引先はデータを確認し、金融機関に支払う。金融機関はサービス導入企業に入金する。

 セイコートラストEDIサービスに対して、各種EDIプロトコルで接続できる。全銀TCP/IP(広域IP網)、SFTP/FTP/FTPS、JX手順、ebXML MS、EDIINT AS2、ZEDI、HTTP/HTTPS、HULFTが使える。

 ファイルの改竄を防ぐ仕組みとして、日本データ協会認定のタイムスタンプを利用する。請求書を発行したのち、即時にタイムスタンプを付与する。書類は、サービスを契約している間、サービス上で保管できる。書類をダウンロードしてユーザー自身のサーバーで保管することもできる。

関連キーワード

セイコーソリューションズ / EDI / タイムスタンプ

関連記事

Special

-PR-

クラウド型EDI「セイコートラストEDIサービス」、請求書の送信/受信から保管までカバーセイコーソリューションズは2021年11月8日、クラウド型EDIサービス「セイコートラストEDIサービス」を発表した。2022年1月から提供する。従来のEDIサービスにタイムスタンプ付与機能や長期保管の機能を追加した。請求書の送信/受信から保管までをカバーする。

PAGE TOP