[新製品・サービス]

アバナード、Microsoft 365の設定自動化ツール「M365 Governance Hub」を提供

2021年11月9日(火)IT Leaders編集部

アバナードは2021年11月9日、Microsoft 365設定自動化ツール「M365 Governance Hub」の提供を開始したと発表した。Teams、SharePoint Online、Exchange Onlineを対象に、アカウントの作成・変更やチーム/サイト有効期限の設定・通知など、ガバナンス上の設定を自動化する。

 アバナードの「M365 Governance Hub」は、Microsoft 365の設定自動化ツールである。Microsoft 365を用いたコラボレーション業務を効率化する。Teams、SharePoint Online、Exchange Onlineを対象に、アカウントの作成・変更やチーム/サイト有効期限の設定・通知など、ガバナンス上の設定を自動化する(画面1)。

画面1:M365 Governance Hubの画面(出典:アバナード)画面1:M365 Governance Hubの画面(出典:アバナード)
拡大画像表示

 M365 Governance Hubは主に、アカウントの作成・変更プロセスの自動化、ライフサイクル管理、セキュリティ強化の3機能を提供する。例えば、Teamsにおいて、チームの作成やセキュリティ設定を容易にしたり、チームの有効期限を設定して、有効期限が近づいた際に通知を発するようにしたりできる。

アカウントの作成・変更プロセスの自動化
チーム/サイトの作成・変更
共有メールボックス/配布リスト/リソースメールボックスの作成・変更
セキュリティグループの作成・変更
容量追加(開発中)
ライフサイクル管理
チーム/サイト有効期限の設定・通知・自動削除
チーム/サイトの利用一覧表示
サイトの削除・リストア
セキュリティ強化
外部共有(ゲストアクセス)設定
グループやメールボックスへのアクセス設定
セキュリティラベルの自動付与


 アバナードは、製品提供の背景について、Microsoft 365を導入した中小企業に共通する悩みとして、利用者の可視化やライフサイクル管理、セキュリティレベルの維持などに関する設計が複雑で、理解が難しいことを挙げている。

関連キーワード

Microsoft 365 / M365 Governance Hub / Avanade / Teams / SharePoint / Exchange / Microsoft / Office

関連記事

Special

-PR-

アバナード、Microsoft 365の設定自動化ツール「M365 Governance Hub」を提供アバナードは2021年11月9日、Microsoft 365設定自動化ツール「M365 Governance Hub」の提供を開始したと発表した。Teams、SharePoint Online、Exchange Onlineを対象に、アカウントの作成・変更やチーム/サイト有効期限の設定・通知など、ガバナンス上の設定を自動化する。

PAGE TOP