開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ネットワン、コンテナのテスト環境をサービス化、クラウド検証施設「LaaS」上に検証環境を用意

2021年11月12日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ネットワンシステムズは2021年11月12日、マルチクラウド検証施設「Lab as a Service(LaaS)」のサービスを拡充した。新たに、コンテナアプリケーションとコンテナ運用基盤をテストできる環境を提供するサービスを開始した。LaaS上に準備したコンテナ運用基盤にリモートからアクセスして利用できる。ユーザーは、テスト環境を自前で用意することなくテストを実施できる。

 ネットワンシステムズは、マルチクラウド検証施設「Lab as a Service(LaaS)」において、コンテナアプリケーションとコンテナ運用基盤をテストできる環境を提供するサービスを開始した(図1)。LaaS上に準備したコンテナ運用基盤にリモートからアクセスして利用できる。ユーザーは、テスト環境を自前で用意することなくテストを実施できる。

図1:マルチクラウド検証施設「Lab as a Service(LaaS)」上で提供するコンテナ運用基盤のテスト環境のイメージ(出典:ネットワンシステムズ)図1:マルチクラウド検証施設「Lab as a Service(LaaS)」上で提供するコンテナ運用基盤のテスト環境のイメージ(出典:ネットワンシステムズ)
拡大画像表示

 持続的に使える検証環境を提供するとしている。ユーザーがLaaSで検証した構成情報は、再活用可能なコンテナファイルとしてLaaS上に保持できる。これによりユーザーは、自身でテスト用のコンテナ基盤を保持することなく、過去に実施した構成をLaaS上で再現できる。検証の目的(設計、導入、運用)に応じたテストを迅速に実施できる。

 LaaS上で提供するコンテナ運用基盤には、オーケストレーション、ストレージ、ロードバランサ、モニタリング、セキュリティといったコンポーネントが含まれる。これらを活用して、スケーラビリティや冗長性、包括的な統合管理の手法確認、改善に向けた設計方針の策定検討などを実施できる。

 LaaS上で提供するコンテナ運用基盤ミドルウェアは、以下の通り。これらのミドルウェアは、異なるクラウド環境においても、同一の操作で運用できる。ユーザーは、単一のクラウドに縛られることなく、クラウドごとの特性を生かしたテストを実施できる。

コンテナオーケストレーション
Red Hat OpenShift
VMware Cloud Foundation
コンテナストレージ(CSIドライバー)
NetApp Trident
コンテナロードバランサ
VMware NSX Advanced Load Balancer
コンテナモニタリング
Datadog
コンテナセキュリティ
Prisma Cloud
関連キーワード

ネットワンシステムズ / コンテナ / 開発テスト

関連記事

Special

-PR-

ネットワン、コンテナのテスト環境をサービス化、クラウド検証施設「LaaS」上に検証環境を用意ネットワンシステムズは2021年11月12日、マルチクラウド検証施設「Lab as a Service(LaaS)」のサービスを拡充した。新たに、コンテナアプリケーションとコンテナ運用基盤をテストできる環境を提供するサービスを開始した。LaaS上に準備したコンテナ運用基盤にリモートからアクセスして利用できる。ユーザーは、テスト環境を自前で用意することなくテストを実施できる。

PAGE TOP