[市場動向]

富士通、最高峰エンジニアの認定制度「Global FDE」を開始、2021年度はグローバルで32人認定

2021年12月6日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2021年12月6日、エンジニア認定制度「Global Fujitsu Distinguished Engineer」(Global FDE)を発表した。富士通グループのエンジニアを対象に、最高峰のエンジニアをグローバルで認定する制度である。2021年度はグローバルで32人をGlobal FDEとして認定した。今後は1年単位で認定し、2023年度までに100人程度を認定することを目標としている。

 富士通の「Global Fujitsu Distinguished Engineer(Global FDE)」は、富士通グループのエンジニアを対象に、最高峰のエンジニアをグローバルで認定する制度である。2021年度はグローバルで32人をGlobal FDEとして認定した。今後は1年単位で認定し、2023年度までに100人程度を認定することを目標としている(図1)。

図1:エンジニア認定制度「Global FDE」の概要(出典:富士通)図1:エンジニア認定制度「Global FDE」の概要(出典:富士通)
拡大画像表示

 国籍や年齢・性別を問わず、現在および将来の重要な技術領域におけるエンジニアの専門性や技術力の高さ、ビジネス貢献などを、グローバル共通の基準で評価して認定する。認定領域は7つで、「ハイブリットIT」「ネットワーク」「サイバーセキュリティ」「AI」「データ」「コンピューティング」「プロジェクトマネジメント」である。認定領域はビジネス状況に合わせて随時見直す。

 Global FDEは、富士通グループの技術の顔として、技術力を活用してユーザーのビジネス課題を解決する先鋒を担う。また、富士通グループのエンジニアの最高峰として、富士通グループの事業戦略や技術戦略の策定に参画する。さらに、ジョブ型人事制度におけるエンジニアのロールモデルとして位置づけており、人事戦略を進める役割を果たす。

関連キーワード

富士通 / ITエンジニア / IT人材 / 教育プログラム

関連記事

Special

-PR-

富士通、最高峰エンジニアの認定制度「Global FDE」を開始、2021年度はグローバルで32人認定富士通は2021年12月6日、エンジニア認定制度「Global Fujitsu Distinguished Engineer」(Global FDE)を発表した。富士通グループのエンジニアを対象に、最高峰のエンジニアをグローバルで認定する制度である。2021年度はグローバルで32人をGlobal FDEとして認定した。今後は1年単位で認定し、2023年度までに100人程度を認定することを目標としている。

PAGE TOP