開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

SCSK、クラウド型のDevOps環境「DevCond.」を強化、Salesforceアプリを開発しやすく

2021年12月24日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SCSKは2021年12月24日、クラウド型DevOpsサービス「DevCond.」を強化したと発表した。2022年1月11日から提供する。スクラッチ開発だけでなく、Salesforceアプリケーションの開発プロジェクトにも適用しやすくした。例えば、Apexソースコードの静的解析や回帰試験を実施する環境を用意した。

 DevCond.は、クラウドサービスの形で利用可能なDevOps環境である(図1)。業務アプリケーションの開発プロジェクトを支援する。ソースコードのバージョン管理機能とCI/CD(継続的インテグレーション/デプロイ)機能を中核とする。レポート機能に注力している。開発の進捗状況や品質に関わる指標を可視化するほか、各サーバーリソースの状況やエラーログなどを可視化する。

図1:クラウド型DevOpsサービス「DevCond.」の概要(出典:SCSK)図1:クラウド型DevOpsサービス「DevCond.」の概要(出典:SCSK)
拡大画像表示

 今回の強化では、スクラッチ開発だけでなく、Salesforceアプリケーションの開発プロジェクトにも適用しやすくした。例えば、Salesforceのカスタマイズに用いるプログラミング言語「Apex」のソースコードについて、静的解析や回帰試験を実施する環境を用意した。ソースコードリポジトリによって開発者同士によるソースコードのコンフリクトを防ぐ仕掛けも用意している(図2)。

図2:DevCond.でSalesforceアプリケーションを開発するイメージ(出典:SCSK)図2:DevCond.でSalesforceアプリケーションを開発するイメージ(出典:SCSK)
拡大画像表示

 SCSKによる導入効果事例として、CI機能による自動化で生産性が向上し、リリース作業の生産性を約30%改善したという。また、バージョン管理ツールとジョブ管理により、モジュールのリリース準備にかかる作業時間(変更セット作成)を最短0分にまで短縮したという。

関連キーワード

SCSK / DevCond. / DevOps

関連記事

Special

-PR-

SCSK、クラウド型のDevOps環境「DevCond.」を強化、Salesforceアプリを開発しやすくSCSKは2021年12月24日、クラウド型DevOpsサービス「DevCond.」を強化したと発表した。2022年1月11日から提供する。スクラッチ開発だけでなく、Salesforceアプリケーションの開発プロジェクトにも適用しやすくした。例えば、Apexソースコードの静的解析や回帰試験を実施する環境を用意した。

PAGE TOP