[新製品・サービス]

NEC、無線部と制御部を一体化したローカル5G基地局「RV1000シリーズ」、導入費を半分以下に

2022年1月20日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2022年1月20日、一体型小型ローカル5G基地局「UNIVERGE RV1000シリーズ」を発表した。基地局の無線部(RU)と制御部(CU/DU)を1つの筐体に収めたオールインワン型の基地局である。4.7GHz帯のスタンドアローン(SA)型基地局「RV1200」を同年3月から、28GHz帯のノンスタンドアローン(NSA)型基地局「RV1300」を2022年度第1四半期から販売する。価格(税別)は、RV1200と5Gコアを組み合わせた「Sub6スターターパック」が498万円から。販売目標として、2025年度までに両製品累計1000システムを掲げる。

 NECの「UNIVERGE RV1000シリーズ」は、ローカル5Gの小型基地局である(写真1)。特徴は、無線部(RU)と制御部(CU/DU)を1つの筐体に収めて一体化したオールインワン型で提供すること。これにより、従来の分離型基地局と比べて導入費用を50%以下に抑えている。RU、CU、DUをネットワークで接続する必要がないため、ネットワーク構築に要する期間も短縮する。規模を広げる場合は、新たな一体型基地局を追加して拡張する。

写真1:UNIVERGE RV1000シリーズ2機種の外観写真1:UNIVERGE RV1000シリーズ2機種の外観
拡大画像表示

 製品のラインアップは2つある。(1)Sub6帯(4.7GHz帯)のスタンドアローン(SA)型基地局「RV1200」と、ミリ波帯(28GHz帯)のノンスタンドアローン(NSA)型基地局「RV1300」である(記事末の表1)。屋外設置も可能な防塵/防水性能(IP65)を備える。小型化も実現しており、Sub6一体型基地局のRV1200はA4サイズである。店舗やオフィスビルの1フロアといった小規模ネットワークに向く。ミリ波のRV1300は2500平方メートル以下、Sub6のRV1200は1万平方メートル以下の広さに適する。

 価格は、以下の通り。Sub6のRV1200の場合、UPF(ユーザーデータ処理装置)や5Gクラウドコア(1年間利用料含む)などの基本機能一式を組み合わせた「Sub6スターターパック」が498万円から。ミリ波のRV1300の場合、EPC(LTEを収容するコアネットワーク)などの基本機能一式を組み合わせた「ミリ波スターターパック」が669万円から。なお、RV1200の装置単体は98万円、RV1300の装置単体は498万円(EPCソフトウェア含む)である。

 また、Sub6スターターパックには、NECが運用支援するマネージドサービスを追加できる。マネージドサービスを合わせて導入することによって、5Gネットワークのアラート検知やインシデントへの対応、保守手配・復旧対処といった運用に関する支援を受けられる。Sub6スターターパックに1年間のマネージドサービスを追加した場合の価格は798万円から。

 「一体型小型基地局をラインアップに加えたのは、ローカル5Gの初期導入費用が高額で、かつ手間がかかるため。店舗やオフィスビルの1フロアといった小規模な範囲でローカル5Gを導入するニーズに応えることが難しかった」(同社)。

表1:ローカル5G基地局「UNIVERGE RV1000シリーズ」の概要(出典:NEC)
項目 Sub6一体型基地局UNIVERGE RV1200 ミリ波一体型基地局UNIVERGE RV1300
外形寸法 WxDxH(mm) 250×210×57 364×335×118
質量 3kg 8.5kg
周波数(帯域幅) 4.6-4.9GHz(100MHz幅) 28.2-29.1GHz(400MHz幅)@5G
2580~2590MHz(10MHz幅)@4G
送信出力 250mW/RF端子×2 EIRP 400mW@5G
250mW/RF端子×2@4G
防塵/防水 IP65準拠(IEC規格) IP65準拠(IEC規格)
受注開始時期 2022年3月予定 2022年度第1四半期予定
出荷開始時期 2022年5月予定 2022年度第2四半期予定
関連キーワード

NEC / ローカル5G

関連記事

Special

-PR-

NEC、無線部と制御部を一体化したローカル5G基地局「RV1000シリーズ」、導入費を半分以下にNECは2022年1月20日、一体型小型ローカル5G基地局「UNIVERGE RV1000シリーズ」を発表した。基地局の無線部(RU)と制御部(CU/DU)を1つの筐体に収めたオールインワン型の基地局である。4.7GHz帯のスタンドアローン(SA)型基地局「RV1200」を同年3月から、28GHz帯のノンスタンドアローン(NSA)型基地局「RV1300」を2022年度第1四半期から販売する。価格(税別)は、RV1200と5Gコアを組み合わせた「Sub6スターターパック」が498万円から。販売目標として、2025年度までに両製品累計1000システムを掲げる。

PAGE TOP