[市場動向]

ラックとNRIが資本提携、ラックの第三者割当でNRIが約22億円、KDDIが新たに約10億円を出資

2022年1月24日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セキュリティベンダーのラックは2022年1月21日、野村総合研究所(NRI)との間で資本業務提携契約を締結した。NRIは、新株発行による第三者割当を引き受け、22億3795万円(715円×313万株)を出資する。既に資本業務提携関係にあるKDDIも新株発行による第三者割当を引き受け、新たに10億5820万円(715円×148万株)を出資する。2社の払込期日は同年2月14日。増資前のラックの現在の資本金は10億円。

 セキュリティベンダーのラックは、野村総合研究所(NRI)との間で資本業務提携契約を締結した。NRIは、新株発行による第三者割当を引き受け、22億3795万円(715円×313万株)を出資する。既に資本業務提携関係にあるKDDIも新株発行による第三者割当を引き受け、新たに10億5820万円(715円×148万株)を出資する(表1)。2社の払込期日は同年2月14日。増資前のラックの現在の資本金は10億円。

表1:ラックの第三者割当後のKDDIおよびNRIの持株比率(出典:ラック)
  第三者割当前
(2021年9月30日現在)
第三者割当後
有限会社コスモス(KDDI完全子会社) 26.46% 22.48%
KDDI株式会社 5.43% 9.44%
株式会社野村総合研究所 - 10.21%

 提携の一環としてNRIとラックは、2022年3月に合弁会社を設立する。両社の知見を合わせたクラウド基盤向けのマネージドセキュリティサービスを提供する。

 ラック、KDDI、NRIの3社は、クラウドやテレワークを活用した多様化する企業活動を支援するため、新たな技術分野に対するセキュリティサービスの開発を進める。例えば、働き方の多様性を進めるために必要な、複数の通信デバイスの認証によるゼロトラスト型のセキュリティを推進する。

関連キーワード

ラック / 野村総合研究所 / KDDI

関連記事

Special

-PR-

ラックとNRIが資本提携、ラックの第三者割当でNRIが約22億円、KDDIが新たに約10億円を出資セキュリティベンダーのラックは2022年1月21日、野村総合研究所(NRI)との間で資本業務提携契約を締結した。NRIは、新株発行による第三者割当を引き受け、22億3795万円(715円×313万株)を出資する。既に資本業務提携関係にあるKDDIも新株発行による第三者割当を引き受け、新たに10億5820万円(715円×148万株)を出資する。2社の払込期日は同年2月14日。増資前のラックの現在の資本金は10億円。

PAGE TOP