開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

東陽テクニカ、ビルド作業を分散並列処理で高速化するツール「Incredibuild」を販売

複数マシンのリソースを使ってビルド時間を短縮

2022年2月8日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東陽テクニカは2022年2月8日、ビルド高速化ツール「Incredibuild」(インクレディビルド)を販売開始した。ビルド(アプリケーションのソースコードをコンパイル/リンクする作業)などの時間がかかるタスクを、分散並列処理技術によって短時間で終えられるようにする。開発会社は、イスラエルIncredibuild Software(日本法人は、インクレディビルドジャパン)。

 Incredibuildは、ビルド作業(ソースコードをコンパイル/リンクする作業)など、ソフトウェア開発において時間がかかるタスクを、分散並列処理技術によって高速化するツールである(図1)。ローカルマシンだけでなく、ネットワーク上の他のマシンや仮想マシンにタスクを振り分け、並行処理させる。

図1:「Incredibuild」による並列処理の概要(出典:東陽テクニカ)図1:「Incredibuild」による並列処理の概要(出典:東陽テクニカ)
拡大画像表示

 各種の開発環境と連携し、ビルドだけでなく、コード解析、テスト、シミュレーションなどのマルチプロセスの処理を高速化する。例えば、7時間かかるビルドを30分に短縮できるようになるため、これまで夜間に始めて日を跨いでいたビルド(夜間ビルド)も、日中に実行して結果を確認できるようになる。リアルタイムのバグ修正も可能になる。

 販売の背景として同社は、大規模で複雑なソフトウェアのビルドには数時間から数日を要するため、気軽にビルドやリビルドを実行できないことを挙げる。このことがソフトウェア開発のボトルネックになっている場合があるという。

 Incredibuildの利用にあたり、ソースコードや開発プロセスの変更は不要である。インストールするだけで利用できる。社内開発環境のハードウェアやクラウドマシンの未使用CPUなどの空きリソースを有効に活用してタスクを実行する。

関連キーワード

東陽テクニカ / Incredibuild

関連記事

Special

-PR-

東陽テクニカ、ビルド作業を分散並列処理で高速化するツール「Incredibuild」を販売東陽テクニカは2022年2月8日、ビルド高速化ツール「Incredibuild」(インクレディビルド)を販売開始した。ビルド(アプリケーションのソースコードをコンパイル/リンクする作業)などの時間がかかるタスクを、分散並列処理技術によって短時間で終えられるようにする。開発会社は、イスラエルIncredibuild Software(日本法人は、インクレディビルドジャパン)。

PAGE TOP