[事例ニュース]

ワークマン、AI予測分析ツールを現場に導入、社員みずからExcelとAIでデータを分析

2022年2月8日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ワークマンは、マシンラーニング(機械学習)を活用した予測モデルを作成可能なツール「Prediction One」(ソニーネットワークコミュニケーションズ製)を導入した。現場の社員みずからAIでデータを分析し、特定の新製品の販売予測や、店舗の1年間の売上予測のために利用している。ソニーネットワークコミュニケーションズが2022年2月7日に発表した。

 ワークマンは、マシンラーニング(機械学習)を活用した予測モデルをワンクリックで作成可能なツール「Prediction One」を現場に導入した。社員みずからAIでデータを分析し、特定の新製品の販売予測や、店舗の1年間の売上予測のために利用している。

 同社は以前から、データ駆動型のビジネスを志向している。それも、トップダウンで決めるのではなく、Excelを現場レベルで活用し、社員みずから自走できる環境を作っている。こうした中、因果関係が明らかになっている業務についての計算をAI任せるべく、AI予測分析ツールを導入した。

 現場の社員が使うことを考え、専門家でないと使えない上級者向けの製品や、Pythonなどのプログラミング言語ではなく、現場向けのツールとしてPrediction Oneを選択した(関連記事ソニー、AI予測分析サービス「Prediction One」にAPIを利用可能な上位プラン)。

 Prediction Oneの特徴は、簡単に使えること。専門知識がなくても、マウスをクリックしていくだけで、予測分析を実行できる。予測の精度を高める工夫として、予測に適したモデルを選択する技術や、データを前処理する技術などを搭載している。

関連キーワード

ワークマン / Prediction One

関連記事

Special

-PR-

ワークマン、AI予測分析ツールを現場に導入、社員みずからExcelとAIでデータを分析ワークマンは、マシンラーニング(機械学習)を活用した予測モデルを作成可能なツール「Prediction One」(ソニーネットワークコミュニケーションズ製)を導入した。現場の社員みずからAIでデータを分析し、特定の新製品の販売予測や、店舗の1年間の売上予測のために利用している。ソニーネットワークコミュニケーションズが2022年2月7日に発表した。

PAGE TOP